漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
谷 瑞穂「伯爵と妖精 女神に捧ぐ鎮魂歌」
今月はコバルト文庫の新刊2冊ゲットしました。
どちらも恋愛面で大発展していてなんだかシンクロ。
一冊目はこちら「伯爵と妖精」の新刊。


ネタバレ感想は続きにて。
ついにプリンスが本格的に動き出しました!
教授が家を離れることになり、その身を案じたエドガーは言葉巧みに教授を丸め込んでリディアを自分の屋敷に同居させることに。

アーミンがプリンス側だということが終にエドガーたちに知られて陣営を離れたことにより、それぞれ心に秘めていた気持ちをぶつけあうシーンが盛りだくさんvv
リディアvsアーミンとか、
エドガーvsアーミンとか、
レイヴンvsアーミンとか。
そしておまけにケルピーとアーミンがいい感じです。
意外とリディアを守ることに真剣なケルピーと、弟のことが何より心配なアーミン、いいカップルにならないかなー……同じ水の妖精同士ですし。

エドガーを挟んだリディアとアーミンの話し合いでは、終にリディアが自分の気持ちを認めました!そして今までは推測するしかなかったアーミンの心情も語られてほろり。
離れ離れになる間際のエドガーとリディアの会話が不器用すぎて美味しくてvvp243~p246は、このシリーズを読み続けてきた方なら絶対感慨深いはず!ようやく素直になったリディアの言葉ももちろんですが、あの百戦錬磨の伯爵の言葉がまるで思春期の少年のようで……

プロポーズを受け入れてもらった伯爵が、ケルピーからリディアを取り戻すためどう動くのか、次巻が楽しみですv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/10(火) 00:14:09 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/15(月) 15:52:40 | | #[ 編集]
コメントありがとうございます(汗)
うわー……最初の方は10月にいただいていたのに申し訳ありません。もう見ていらっしゃらないかと思いますが(涙)連絡のとりようがないのですよね←気づけ自分。

伯爵と妖精ファンの方が多くて嬉しいですvvホント次の巻がいよいよ動き出しそうで楽しみです。

ちなみに12月発売の谷先生の読みきり?新刊もかわいいお話でしたよ~vvv
2007/01/15(月) 18:44:46 | URL | しい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。