漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
後藤純男展
日本橋三越本店、「後藤純男展」(~1月15日)に行ってまいりました。
旦那様が大ファンなのですが、私も好きです。
特に今回は壁一面の大きなものが多くて、圧倒されました、すばらしかったです!大きなものだとガラスが張っていなくて、反射して移るもので絵が台無しになっていたりしないのも良かったです。
「桜の間」と「雪の間」(←勝手に命名)、襖絵と山の絵は特に凄い。

期間がまだあるので、東京近辺に住んでいらっしゃる方、お勧めですよ♪
スポンサーサイト
個展
さて本来の用事、某ホテルで行われたある個展、その画家さんの大ファンである旦那様の代理に行ったのですが。常日頃の展覧会とは違うのは。

個展=即売会

じっくり絵を眺めようとする私の傍らを通り過ぎる方々に始まる口上、叩かれる電卓。
そして通りかかるのはセレブな方々。

……明らかに私、場違いでした……。

日本社会の上流・下層階級化をこの目で見たような気がします。でも無料は無料だし、追い出されもしなかったのでじっくり拝見させていただきましたが。
再興院展90回の歩み展
根津美術館の帰りには日本橋三越の7階特設、院展の90回を記念した企画展を見てきました。97作家126点、なかなか壮観でした。会場は3箇所に別れていて移動しなければならず、ちょっと混乱しますけれど。

旦那様に連れられて日本画展を巡り歩くうちに、私なりに好みの作家さんができたのですが、ちらほら出展されていてほくほくでした。ちなみに第3展示室は現代の画家が多いので特に。ただ大きなサイズの絵が多かったのですが、画集に収録される際には小さくなっていたりした残念。やはり生の迫力には適いませんね。

というわけで、画集で復習しながら好みの画家を抜書き。

下村観山、福王寺一家(三代とも好きです)、平山郁夫、後藤純男、高橋常雄、田淵敏夫。
ここで初めて知ったのは北野恒富(美人画、色っぽいですv)近藤浩一路(単色勝負、すっきりしていてすきです)。

他にも何名かいるのですが、今回の参加者はこれまで。

さて、共通点は何でしょう?……風景画が多いですね。
根津美術館
名古屋泊の翌日は朝早く経ち、東京・根津美術館に行きました。
旦那様の趣味の一つが日本画鑑賞なのですが、ちょうど特別展で国宝「燕子花図」が展示されていたのです。

根津美術館によるのは、独身時代に母と寄って以来です。
とても小さな美術館で、特別展などをするメインの展示室は二間続き部屋が一つ、他に常設展示として、お茶関係の展示室が吹き抜けの二階続き一部屋あるだけなのです。
ただこじんまりとした美術館に比べ。街中に突如として現れた緑深い庭園には。水路で繋がれた幾つもの池の傍にそれぞれ小さな茶室があり(勿論常時は使用されていないのですが)、苔むした通路に透き通った水、優美に泳ぐ鯉……とても風流です。一巡り5分もかかりませんが、小さな通路はあちらこちらに入り乱れ、全部歩こうと思えばかなりなものかも。これだけの庭園をあくまで自然な形を残して美しく保つ管理は、相当大変だと思います。

……こういうところでお茶会とか、素敵だなぁと思います。
やっている流派の方もありそうですが。御茶道具の展示は、なかなか面白いですv

メインの特別展も、流石でした。この少ない色を画面にちらしたバランス、筆遣いの勢い、シンプルな絵だからこそ凄さがわかるような気がします……。
徳川美術館
立派な建物はなんだか保護対象物のようです。
庭園内ではそこかしこに写生をしている御姉さま方が大量にいらっしゃって、思わず入るのをためらってしまいそうになりました。……写真じゃないから大丈夫。

第一展示室の前には、尾張徳川家の家系図がありました。……って、時々20人以上子供作っている方がいらっしゃるんですが!子供好きの家系なのか……まあ家康も子供多かったですものね。血筋血筋。現代だったら破産しそうです。
刀や武具も面白かったですが、7年ほどお茶を習っていたため、第2展示室の「大名の数寄」の御茶道具関係の展示が一番勉強になりました。いいなぁ、使って見たい……いや自分が御手前の立場ではなくお客様として拝見してみたいです。
企画展は「王朝ヘの誘い」。
始めは様々な筆を見ていたのですが……最後の方には空けてもくれても7割がた光源氏に埋め尽くされ、最後にはどれがどれだかわからなくなりました。光源氏研究者の友人が見たら小躍りしそうな企画。ちょっと異種婚の展示もあって、知らない物語も多くてちょっと興味を持ちました、割と好きなんです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。