漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
島倉圭「24のひとみ」
嘘つき教師と少年少女の仁義なき戦い!

「私は嘘つきです」の公言するとおり嘘をつきまくるひとみ先生。
発言が次々とひっくり返され頭が混乱します……シュールなジョーク。

スポンサーサイト
幸村誠「プラネテス」1
2074年、宇宙開発が進んだ世界、デブリ回収業者に勤める宇宙に憧れて宇宙飛行士になった主人公、星野八太郎、通称「ハチマキ」の出会う宇宙を愛するひとの物語。
アニメで宇宙のストーリーはたくさん観るようになったけれど、もっと生活に密接したリアルな問題を描いていて、とても新鮮であると共に勉強になりました。

「屑星の空」デブリによって失われる命の話。
「地球外少女」放射線に満ちた宇宙で失われる命と生まれる命の話。
「ささやかなる一服を星あかりのもとで」火気取り扱い注意の宇宙で喫煙者と過激宇宙保護集団「宇宙防衛前線」の戦いの話。
「ロケットのある風景」地球にいて宇宙を目指す少年と宇宙に出ながら道を見失った青年の話。
「IGNITION-点火-」事故により、音と光の喪失におびえてしまう「空間喪失症」に陥った宇宙船員の話。


室井大資「イヌジニン」1
古来より、ある神社で汚れ仕事を一手に引き受けていた集団がいる。死体処理、暗殺、呪術、警備…。
時代は移り、その集団は形を変え、現代まで残っていた。
気が澱み、力の均衡が崩れるときに生まれいでる「怪」。
その「怪」を人知れず鎮め、社会の表面に出さないようにする組織。
それが犬神人である。

独特な濃い絵柄とあいまって重量感のある怪奇漫画です。
キャラの絵柄も性格も濃い……とかいって女の子や少年にはすがすがしさがあって、その落差からくる迫力も凄いです。事件はどれも現実にありそうで、だからおぞましく思うと同時に解決してくれると少しだけほっとする。
「イヌジニン」「天言会事件」「マウント・メイヘム」「ザ・バインド」収録
「天言会事件」女として母として一番おぞましくて……「やっと守れた」という言葉が哀しい。
「ザ・バインド」……助かってよかった。ほんとうに。

とりのなん子「とりぱん」
自宅に餌付けした「野鳥」を中心に、作者の日々のことを綴ったショート漫画集。

なんていうか、大事に日々を生きている人だなあと思いました。
緑の近くに住んでいらっしゃるのと、会社勤めではなく家族と暮らしているからこその時間もあるでしょうけれども、自然や動物とすごすエピソード一つ一つが、身構えていなくて優しい。
こんな暮らしが、こんな視点で周囲を見ることが出来たらいいな、とあこがれてしまうようなスローライフです。


宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」2
一巻から引き続きの30独身男ダイキチと、祖父の隠し子りん6歳の子育物語。
表紙のりんちゃんがちょっとおおきくなってるのがいい。

りんちゃんが大きくなって小学校に上がる話がでたりとか、成長を伺えて微笑ましいのですが。
なんといってもこの巻では終に謎だったりんちゃんな母親が判明。
まさこさんのところに乗り込んでいくダイキチですが……

……正直ダイキチ視線だったからかもしれませんが、私もいらいらしました。
話が続けばまた印象が変わるのかもしれませんが。

宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」
「おれんち、来るかァ?」
享年79祖父の葬式で、祖父の隠し子りん6歳の存在を知ったダイキチ30歳祖父似。自分の家族を含め引取りを拒む親戚の話し合いに腹を立てたダイキチは、衝動的にその場でりんに声をかけ自分が育てると連れ去ってしまう。
そして独身男の初めての子育てが始まった。

いや、リアルでほのぼのします。
現実的というか、いろいろ子育てに関することもそうですが、シゴトを抱えている独身の男性が子供を持つ上での職場での反応とか、実際に考えなければいけないことで、身構えず戸惑いながらも一つ一つクリアしてりんちゃんとの絆を深めていく。
親戚だって取り立てて悪意がある人たちというわけではなく。
熱く感動的に盛り上げようというのではなく、静かに流れていくのが心地よい話。


船戸明里「アンダーザローズ2」
といわけで二巻。
グレースの事件に関しては意外とこの巻で決着。
ネタバレちょっとありの感想は続きにて。

次に「春の賛歌」編がスタート。
主人公はレイチェル・ブレナン、新しくロウランド伯爵家にやってきた家庭教師。弟の治療費のためどうしても職を得たかったのに、その美貌のためにいつも採用を断られ、もしくは牧師の娘としての倫理観とは反する行為を強要されそうになったり……。やっと採用されたロウランドではなかなか子供たちに打ち解けてもらえず、特に次男のウィリアムにはことさら冷ややかな目で見られるのだった……

第一章冬の物語で、「父にで母に常に付き添う」以外、本心を見せようとしなかったウィリアム、策士な彼がこれからどんな顔を見せていくのか、今から楽しみです。


この続きを読む
船戸明里「アンダーザローズ」
こちらもヴィクトリア朝。
没落した公爵家の娘・ライナスが愛人ロウランド伯爵家で墜落死。息子ライナスは弟ロレンスと共に伯爵家へひきとられることになるが、そこからライナスの犯人探しが始まった……

こちらは愛人だ腹違いの兄弟だ身分がなんだとこちらはもう少しリアル。
ライナスの犯人探しがメインとなるのですが、光と影の画面構成が雰囲気があっていいなぁと思いました。追い詰められていくライナスの心理描写がぐっとくる。




続きは絶対入手します!
巻末に伯爵のもう一人の愛人・マーガレットさんのおまけ漫画あり。
この続きを読む
曙はる「キラキラ・アキラ」
万能助っ人少女・皆の人気者美波アキラとちょっと太めの癒し系で家庭科部所属の男の子・林桃太郎はアパートの上下階に住む幼馴染。
お年頃になって美波が人気者であるのを意識するようになった桃太郎ですが、いつもどおり押せ押せのアキラの行動で結局はなかよし。

ほのぼのらぶらぶ四こまでしたv
……いやもう君らそれ付き合っているのと一緒や……

神仙寺 瑛「動物のおしゃべり」
動物語の話せる幼稚園児・ミカちゃん五歳と、高校一年生のお兄ちゃん十五歳、そして兄妹のペットミカちゃんの秋田犬タローとお兄ちゃんラブ猫サクラを中心とした四こま集。

擬人化された動物たちと五歳にして達観しているミカちゃん、に振り回される常識人のお兄ちゃんとが面白い。タローとサクラを中心に美人化ばっかりで麗しいです。一面、美人女優の可愛がるペットは……なんてのも。
個人的にはカラス一族とカエルの翁がお気に入りでした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。