漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アニメBLEACH
今日は終始vs剣八編かなぁと思ってたら違いましたね。
乱菊さんが桃のところへ手紙持っていくシーンがあったんですね。
台詞、かなり増えてて嬉しかったです。
桃が、牢の中から外はどうなっているかと質問すると、ひどいもんさと顔をしかめる乱菊さん。
関が切れたように、ただひたすら犯人を→市丸を追求をしだした桃に、乱菊さんが一喝。
5番隊が一番混乱しているんだよ、隊長副隊長がいなくなって……と。副隊長として、あの時の行動が最善だったか、考えるくらいはしてもいいんじゃないか。(うろ覚えですみません)
この諌め方がいいなぁと思いました。
……考えるくらいはしてもいいんじゃないか、押し付けでもなく、自分で考えさせようとしてるあたり。ギンのとのつながりがEDでばれてしまっていますが、一方的にかばうのではなく冷静で。
あと、副隊長の役割をこんこんと説くのも納得です。
桃がまず第一に考えなければいけない責務は、藍染の代わりに隊をまとめること。市丸に切りかかったのって、吉良のいうとおり完全な私怨ですものね。そのあたりの盲目ぶりが、逆にどんなに藍染を無心に慕っていたかわかって、よかったんですけれど。このあたりから桃のファンになったんですよね……
桃は肩を落として、小さく「ごめんなさい」と謝ります。
そして乱菊さんが桃に、藍染隊長が部屋に残していた手紙を渡すのは原作と同じ。
「自分の隊長が最後に言葉を残した相手が自分だったってのは、副隊長として幸せなことだよ」
原作の通り、去り際に乱菊が言ったこの言葉が、前のやり取りで一層重みを増した気がします。ナイス、スタッフ!

ただこんな風に諌めてもらってもどんな結果になるか知っているため、今はちょっとむなしいです。……おのれ、黒様。ほんと、桃のこの盲目っぷりが、哀しい。

えー、後半は十一番隊長副隊長との接触。
剣八の剣圧を一護たちが感じる演出、相変わらずうまいなあ。
あと、やちるちゃんの自己紹介、可愛かったです。
現世で言えば何歳設定なんでしょうね。彼女。

EDは、おおっと意表をついて1番隊!
ほとんど登場していない副官はほぼ出番なし。あたりまえかしら、私は名前すら知らないですよ。
おかしかったシーンは、総隊長の入っている風呂に入ろうとした修平、恋次、イヅルが総隊長を発見してこっそり戻っていくあたり(笑)、画面が移動すると真っ赤になった副官さんが!……お年寄り、熱い風呂が好きな方多いですものね。
総隊長は死神大図鑑にまでご出演、お疲れさまでした。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。