漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
花とゆめ 14号
今日は月曜なのでジャンプと重なった花とゆめ14号発売。
ちょっと離れたコンビニでまとめて2冊買いました。
恥ずかしかったのでしばらく行かないでおこう。

V.B.ローズ
祝v連載再開~
今回は主人公あげはをとりまく恋愛模様が進行される様子。
それはそれで嬉しいのですが。
今回は小物関連は進まず、残念(失礼)
でもこの方はキャラクターに着せる服も素適なので、今回はそちらを堪能vvv
恋愛模様に関しては、絶対に見込みがないとわかりつつも、ナガレくん頑張れ~っと応援しております。年下の可愛い男の子、腹黒オプションつきで頼もしいのです♪

フルーツバスケット
いつのまにか紅葉くんが育ってました。
こちらはまんま素直な年下の可愛い男の子です。
透と並ぶ様はどう見ても仲のいいカップル、
透に今一歩踏み込めない夾に、ボクがプロポーズしちゃうかもと脅しまでかけるほどりりしい面も。王子様だvv
……うかつでした、この回の彼は私のツボです。
絶対夾v透派なのですが(というか精神的にはすっかり両思いですよねこの二人)、もしマジで紅葉が透に恋していたらちょっと応援するかもです。(ってそんなに修羅場が欲しいのか)紅葉は妹がらみはありましたが、主要キャラで唯一相手のいない男の子。その効果をここにもってくるとは、流石です。女の子は神楽がいないですよね。まだ狂のこと、思っているかな……あれ、神楽と紅葉の組み合わせは??
フルーツバスケットも、恋愛模様が荒れ気味です。
とはいえ、ここまでで大体落ち着いたカップルが殆ど。
以後、アキトと紫暮の二人と、透と夾の二人、そして十二支と猫憑の謎がネックになってきそうです。

しゃにむにGO
また一ヶ月半まちなのですね(涙)
今回は主人公二人が、それぞれ準備を進めながらIHの予選当日を迎えるまで。
延久が「IH進出できたらひなこさんに告白」をモチベーションにするのに対し、この時期に再びテニス雑誌に母親がらみで記事を書かれた留宇衣は、「プロになるのを勧めない父親を見返すこと」をモチベーションに。
留宇衣の父親はポーカーフェイスで、テニスを続ける留宇衣に冷たいともいえる態度だったのですが、今回彼の心情が。
過去、テニスで悩んでいる妻から、「わたしの苦しみを知らない、支えようともしない」と離縁を言い渡されたからだったんですね。テニスをしない父は、テニスの苦しみはわからない。また留宇衣と同じで言葉に不器用すぎて、素直に励ますこともできない。苦しんでいる姿を見て自分も苦しんでしまう……その昔苦しんでいた妻の姿と、今悩んでする留宇衣が重なって、見ているのがつらかったんですね。そうかー、すっきり。
でも、まだプロではない今の留宇衣には、能天気すぎるほど前向きな延久やチームメイトがいるし、頼りになる監督もいる。支えになる相手が他にもいるから、大丈夫。
よかった。多分記事の件でこれから騒動がおこるのだろうけれど、乗り越えていって欲しいです。
一ヶ月半かぁ。

妖精標本
よ、よかった鈴と衣杏が再び一緒になって。
最も鈴はまだ衣杏ではなくエリヤとしかみてくれてませんが、次回、訳ありげなエリヤのおばあさまとの会話で納得してくれるといいな……
というのも、ヒロイン鈴が今までの由貴先生のヒロインと一風変わった外見で(私の知っている限り)、しかも衣杏には可愛い妖精の相棒までいるものだから、この時点だけの登場になるかと、勝手にはらはらしてたのですよ~。

スポンサーサイト
いちご100% 161話
冒頭、クリスマスプレゼントにお互い気付いた真中とつかさ、なんだかいいかんじに仲直り……とおもいきや、今週も最後に爆弾が。

そもそもは、真中の勉強不足が原因。
センターで撃沈した真中に唯が紹介した家庭教師は、なんと綾。
おりしも母も出かけていて家に残るは真中一人。
西野以外の女子と二人きりなんてやっぱマズイ……
玄関先で悩む真中。
成長したね!
こんなことでも喜んでしまうよ~~
ちゃんと彼女もちの男の発想だよ。おまけに今回は全然綾に心がゆれていないところもエライ!
結局唯も後から来るという事で、勉強会は開始されます。
ところが勉強のための寝不足から、つい眠り込んでしまう真中。
瞬間、綾の頭の中には天地とのキス未遂事件が……

「初めては真中くんがいい」
思いつめた綾は眠り込んだ真中にキスを。

えええええ!!!
まずい、それはまずいよ綾ちゃん、気持ちはわかるんだけど。
ウソのつけない彼女のこと、隠しとおせないんだから余計やましいことはしないほうが。
綾への非難と弁護が頭の中を駆け巡ったのですが、同時に思ったのは。
……どこまでも報われないね、天地……君が動くたびに綾は真中へと気持ちを高めていく気がするよ……哀れ(ホロリ)

そこで、寝ぼけた真中は綾を押し倒し、再び眠り込んでしまいます!
寝言は「西野…」の一言。……キスする相手といったら、西野、なんだ。
彼女と間違えられたことに気付く綾。
けれどもせめて今だけ……と背中に腕をまわしてしまいます。
ッて、さっき自分でそろそろ唯が着そうだと確認したじゃないですか(泣)どうするんだ、唯がいつもの調子で西野もつれてきちゃったりしたら。

以下、次号。
女同士の修羅場になったらどうしよう(泣)
BLEACH 183話
へ…平和な学生再び!?
というわけで、ネタバレ回想いきます。
まだ読んでいない方が万一いらっしゃったらご注意を。



なんだか久しぶりに制服で見てみると……
織姫ちゃんがめちゃ可愛くなっているような???
というか女の子全般目がぱっちりに。
というわけで、戻ってきました、学校。
ケイゴは相変わらずハイテンションだし
……いやもう一人ハイテンションな女の子はいますが。
水色もたつきも相変わらずクールですね。
お出かけ前と違うことは。
一護、チャド、織姫、雨竜が妙に仲がいいこと。
というか一護、雨竜の「今日も能天気な髪型で何よりだな」という微妙な挨拶にむっとしながらも、傍によっていくのね……というより雨竜の机の周りに全員集合!?
もう一つ、今まで蚊帳の外だったたつきが話に加わりそうな予感が!
一護のもっていた例の許可証は死神用のため、普通の人間には見えない筈なのに、ばっちりたつきには見えてるんですね。前から死神も見えるんだった、たつき…一護も死神姿ばっちり見られちゃってるし。

そして最大のポイント、一護のクラスに転入生が入ってきます。
この人、怪しいです。
空中に逆立ちで浮いてしまっています。
虚を倒す一護たちをばっちり確認しています。
もう、あちら側のヒトといって間違いないでしょう。
市丸ギンより、目がやばいです。
多分彼の正体も含めて、今後の話が展開、かな。

そんなところはありましたが、
今回はギャグ満載でしたね♪楽しかったです~☆
ちょっとよそのサイトさんを参考に、キャラクターで台詞の色を変えてプレビューしてみます。

久々に会ったクラスメイトの応酬はともかく。
新学期、相変わらずクラス担任越智先生はかっとんでいます。
「大島と反町がいないけどあいつらはヤンキーだからまあいいか!
 絶対元気だろ!」

ヤンキーだからまあいいか……生徒も唖然。
ここで転入生を紹介しようとしたとき、代行証が虚襲来を告げます。
飛び出す一護。言い訳は
「便所ッス!」そこに、続いて飛び出した二つの影は
「うおおおい!!茶渡!!井上まで!!」
「便所ッス!!」
「ウソつけぇ!!!
 大体井上!
 女子はそういうのちょっとおなか痛くなるぐらいまで
 ガマンするもんだぞ!」

「いたいです!!
 おしっこもなにもかももれそうです!!」

「よーしじゃあもう行って来い!!」
お、織姫……(涙)そこにあがったもう一つの声は
「ああッ!!
 せ、先生!!ボクももれそうッス!!」

「お前はダメだ 浅野」
ケイゴ…(涙)仲間に入りたかったんだね。しかしあっさりいなされてるし。
今回の虚騒動は、一護一人で十分だったようです。つっこむ一護に織姫ってば
「うん!
ぶっちゃけ「便所ッス」ってウソついて学校抜け出すのやってみたかっただけなの!」

「…言い訳しないのはかっこいいがぶっちゃけすぎだ井上…」
「そういや石田はどうした?」
「来てなきゃ来てないで気になるんだ
 そういう奴だ」

チャド、突っ込みの才能上がったね……他につっこみがいないからか。
ここで雨竜の不調を織姫が伝えます。
どうやら他の二人は気付いてなかった様子。
クインシーの能力がどうまではわからないけど、織姫一人が気付いていたわけで。しかもその辺を隠している雨竜の心情まで、考えている様子。
雨竜と織姫……いいかもしれない。
趣味も一緒だし、二人の会話って和やかですよね。
ルキアが尸魂界に残った事で、あれ?一護に対するヒロインは…と思っていたんですが(恋次もいるし)……どうやら混戦の模様ですな。萌えます~vvv
聖魔の光石
なんとか8章までクリアしたのですが。
友人から支援についてレクチャーをうけ愕然。

ゲームの説明には、近くにいれば支援会話が発生、とあるのに全然メニューに出てこないから、特定のイベントでしか発生しないと思っていたら。
なんだか平均20回ぐらいはいないと駄目なんだそうですね。
しかも男女CPだとプロポーズまで始まるとか!
男男もあるって、マジですか!
それは是非見なければ、と慌てて最後にセーブした7章からリプレイ。
エイリークとゼトのプロポーズシーンが見たくて……
9章からエフラム単独で選ぶつもりなので、それ以降は確か機会がなくなるので。

ところが、支援会話って、1章に1つまでが限界なのかな(涙)
どんなに地団駄を踏んでも、Bどまりで会話が発生しないんですが。

しょうがない、とりあえずエフラムでENDさせてから、エイリークいきます。ううう、3時間も地団駄踏んだのになぁ。

この続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。