漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
≪リンの谷のローワン≫シリーズ
忘れないうちに、児童文学の本を一つ紹介。
先日のハリポタの記事でちょっと触れたのですが、私が大好きな児童文学のシリーズの一つに「ローワン」シリーズがあります。

ハリポタが日本上陸して以来、出版業界ではちょっとしたファンタジーブームが今も続いています。海外でも新作の発掘に力を入れていますし、また日本でもそれらの作品をどんどん輸入しています。ファンタジー好きとしてはハリポタさまさまです。ハリポタ自体すきなのですが、このハリポタ効果にはそれ以上に恩恵を預かっています。このローワンシリーズも、オーストラリアで最優秀児童図書賞を受賞したのは1993年、日本語訳版が発売されたのは2000年。ハリポタが日本でヒットしたのが1999年のことだから、やはり効果があったのかなーと思います。

舞台は異世界。
魔法や竜は存在するけれど、主人公はバクー(羊のようなもの?)飼いの少年で、舞台になるのは彼のいる小さな牧羊と農業の村。
ハリポタと同様、主人公ローワンの成長物語でもあるのですが、ハリーと違って最初から特別な才能をもっているわけではなく、むしろ臆病で内気な彼は村では厄介者扱いで、誰にでもできる仕事=バクー飼いをさせられているのです。誰よりもバクーの信頼を得ている彼なのですが、勇猛果敢を良しとする村では、これは認められない才能なのです。
その彼が、臆病であること=慎重であることを生かして、村を襲う数々の危機に、最初は無理矢理、そして段々と進んで立ち向かっていき、あるがままの彼か徐々に周囲に認められていく、そんな物語なのです。

魔法や竜は出てくるしとても魅力的なのですが、この作品の本当の魅力はこの主人公の成長にこそあると思います。この作品には、個々人の性格に優劣を決めません。様々な立場、様々な属性、様々な性格の人たちが集まって協力し合い、初めて社会を築いて大きな力となること。個人に限らず、民族でも、また、ひいては世界でさえも……食物連鎖のように。一作ごとにローワンの世界は広がっていきます。

児童文学だけあって、ハリポタの読める方なら簡単に読破できると思います。
ページ数もそんなにないですし、ファンタジー好きの方なら是非、読んで欲しいシリーズです。

肝心なことを忘れていましたが、日本語訳版の表紙は佐竹美保さん。この方は先日宮崎駿氏によって映画化された「ハウルの動く城」の作者、ダイアナ・ウィン・ジョーンズの別シリーズのイラストも描いています。活字倶楽部04夏号のイラストレーター特集ではインタビューも乗っています(嬉しかったですvv)。やはり表紙は私の購買原因の一つなのでした。

現在、シリーズは5作まで。早く続きがでてくれないかなv
「ローワンと魔法の地図」
「ローワンと黄金の谷の謎」
「ローワンと伝説の水晶」
「ローワンとゼバックの黒い影」 
「ローワンと白い魔物」
Amazonのリンク表示がうまく出ませんが、作者はエミリー・ロッダ、訳者さくまゆみ、挿絵佐竹美保、出版社あすなろ書房。詳しいことは、是非リンク先でご覧になって下さい。

 
この続きを読む
スポンサーサイト
昨日は暑かったです……
昨日外にお出かけの皆様、お疲れ様でした。
あの暑さには参りました……

あんな日は、日の下に居ざるを得ないお仕事の方々、動物や植物が心配になります。動物だと、鎖に繋がれている犬とか心配です。うちの実家の犬なんか室外犬なので、普段コンクリートの上に繋がれてるので……大抵、こんな暑さの日は日陰に避難してあげるんですけれどね。コンクリート増えたから、散歩させるにも気を使わないと肉球やけどしちゃいますよね……。逆に実家の猫は室内OKの身分なので、クーラーの効いた部屋からでていこうとしません。トイレとか、凄く嫌そうに行くんですよ……ま、気持ちはわかるけれど…。

うちも終に、クーラー使ってしまいました。
ただこの室温の中に居るだけで、HPがどんどん削られていくのがわかります。
おかしいなー、子供の頃は、室内でも風通しをよくすれば平気だったんですけれど、年々きつくなりますよね……。
長年クーラーなしで住んでいたお年よりも、都心部に住んでいる限りはもうきついでしょうね。この原因は温暖化だけではなく、住居環境も関係してくるかと……クーラー熱とか、コンクリートやガラスの照り返しとか、街中って凄いですものね。

これで周囲が土や緑だと、随分違うんですよ。
田んぼなど、水周りがあれば最高です、それはね、水辺があると羽虫が大量発生しますけれど、蓄熱されてないですから、夕方は即涼しくなりますし。

年をとったらある程度の田舎で、大きな木のある庭付きの家に住めたらいいなぁと思います。
本当に昨日はつらかった。
今も田舎なんだけれど、小さな住宅街の真ん中のマンションなので。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。