漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
同音異義語?
出勤前の朝のシャワーの後、まっぱで扇風機にあたっている旦那にひとこと。
「まあ、大胆!」
と言ったら、
「俺を追い出す気か」
と怒られました。
……?


よくよく話を聞いてみると
「まあ、だいたん」
 ↓
「まあだ、いたん」
 ↓
「まあだ、居たん(の)?」

なるほど。
どちらもこの状況で意味が通るのが笑えました。
スポンサーサイト
金 蓮花「銀葉亭茶話」シリーズ
今月発売されたのは、この方の別シリーズですが、
下の「風の王国」シリーズに絡んで、一番好きなシリーズをまず紹介いたします。

この「銀葉亭茶話」シリーズは、作者のデビュー作で、
確か、コバルトノベル大賞か何かの賞をとった作品のシリーズです。
風の王国が古代チベットならば、銀葉亭の舞台は古代朝鮮半島、精霊と人と共に暮らす時代。作者は在日朝鮮の方で、こちらも実際の朝鮮半島の歴史にからめて、当時の文化、そして思想を忠実に、美しい風景と共に描いています。
基本的に一話読みきりですが、そこはかとなく続いていたり。
10年以上前、初めてこの作品に触れたとき、日本でもヨーロッパでもアラビアでもない新しい神々や精霊の姿に、夢中になったのを覚えています。つむぎ出す作者の言葉がまた玉のように美しいと思いました。またこの銀葉亭の世界の思想は絶対家長主義といいましょうか……家庭を守り、夫に従い、子に従いと……説明するのは難しいですか、とにかく現代の女性が生きるには非常に厳しく自由のない世界です。そんな中での女性の恋愛は非常に制約が多く、だからこそ必死で純粋で美しく見えます。
どれもお勧めなのですが、やはり最初の地仙姫のお話が印象に残っています。精霊の女王様だけあって、気が強いところが好きなのですv
「舞姫打鈴」
「蕾姫綺憚」
「蝶々姫綺憚」
「錦秋打鈴」
「銀球綺憚」
「玄琴打鈴」
「伽椰琴打鈴」の7作が刊行。ちなみに全て実家行きなので余り詳しくは語れず。興味をもたれましたら、是非下をクリックしてみて下さい。

毛利志生子「風の王国」シリーズ
明日になってからあげようと思っていたコバルト文庫の感想。
久しぶりに参加した食事会に興奮したらしく、なかなか寝付けないので夜中更新を。

このシリーズは、古代チベット周辺のお話です。
唐の養女で古代チベットに栄えた吐藩王国に嫁いだ、文成公主という実在した人物が主人公です。作者は学生時代チベットを学んだそうで、風俗から史実までかなり忠実に描いているようで、とても面白いです。
勿論、設定が面白いだけではなく、ドラマチックな展開や、まっすぐで正直な性格な主人公が好ましかったりするからこそ、この作品は魅力的なのです。とりまく脇キャラもいいし、また1巻から夫のリジムとラブラブなのも良いですね!愛し合う夫婦が時代の波に揉まれている話です。
……子持ちやもめに後妻として嫁ぐヒロインは、コバルトには珍しいのではないでしようか(笑)
現在シリーズは5巻まで。 
「風の王国」
「風の王国 天の玉座」
「風の王国 女王の谷」
「風の王国 竜の棲む淵」
「風の王国 月神の爪」







風の王国


風の王国

著者:毛利志生子
出版社:集英社
本体価格:514円



8月2日、新刊「月神の爪」の感想を続きにて。
この続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。