漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「彩雲国物語」シリーズ
1日発売と銘打っておきながら前日発売なのを忘れていました、
角川ビーンズ文庫。

この文庫は私の目下のお気に入りで、いわゆる少女小説のファンタジー版。
かつてコバルト文庫で求めたものがここにある感じです。
しかし昔と違って文庫も種類も増えたためか、なかなか書店に数を仕入れなくなりましたね……
昔は平積みで置いてあったのに、今ではよくて2冊ずつです。
勿論、都心部は違うのでしょうけれど。

そんなわけで発売日にうっかり書店チェックを怠った私は、
近所の市内で一番大きい本屋で在庫を発見できず、
捜し歩いているうちに、とうとう市を三つまたいだ実家近くまで行ってしまいました。県庁所在地なので、ちょっとは大きな本屋が数あるのです。

この「彩雲国物語」シリーズは、女性初の官僚を目指す女の子のハナシです。ちょっとだけ中国に似た雰囲気をもつ空想の国、彩雲国。登場するのはどれもステキな人ばかりで、それぞれの恋愛事情も家族愛も友情もとても楽しめるのですが、何より私が惹かれたのは、主人公の仕事への熱意です。女性が働くというのはどういうことなのか、政治とはどうあるべきか、いつも彼女は必死で前に向かって進んでいます。彩雲国は10年前の政権交代の際にかなり国が荒れ、まだ記憶も生生しい主人公他の人々が頑張っている、そんな国なのです。……もちろんファンタジーなのですが、私が仕事を始める前に出会っていたらもっと前向きでいられるかなと思わずにいられませんでした。

現在副題にして7作刊行。
「はじまりの風は紅く」
「黄金の約束」
「花は紫宮に咲く」
「想いははるかなる茶都へ」
「漆黒の月の宴」
「朱に交われば紅」
「欠けゆく白銀の砂時計」
今回で終了かと思っていたら、彼女の道はまだ先が長いようです。次は何色でしようか♪

  





彩雲国物語(欠けゆく白銀の砂時計)
 

彩雲国物語(欠けゆく白銀の砂時計)

著者:雪乃紗衣
出版社:角川書店 
本体価格:457円


そんなわけで今月の新刊、
この続きを読む
スポンサーサイト
ガッチャガチャ
うわあ、どうしましょう。
いつも立ち読みの月刊メロディをついに買ってしまいました。
とりあえず、平尾先輩、「脱・ヘタレ」おめでとうございます!

ガッチャガチャという漫画で、主人公に片思いしている人です。
成績優秀、剣道部主将(確か)のキレ者生徒会長。
さらさらの黒髪に眼鏡アイテムも涼しげな、ある意味優等生タイプ。
これがまたクールな外見に似合わずいい人で、かなりの人情派。
主人公友里を影に日向にフォローしているのですが、彼女がどんなに矢部を好きなのか知っているので自分の思いを告げることかなかなかできず、返っていつも協力する羽目に。ていうか初めての恋に対してかなり気弱な面がある(過去にトラウマが……)上に口下手なので、今一歩踏み切れず、事情を知っている人からは揃ってヘタレ呼ばわり。返ってこの人の良さが、思わず肩入れしたくなっちゃうところなんですけれど。

そんな彼がようやく告白!

今回の彼は格好いいところもヘタレなところも全てステキでした。
友里に対する恋心だけは臆さず堂々と口にするようになったあたり。

おそらく最後の山場へのサービスなんだろうけれど(後ろ向き)頑張れ!
作中で矢部が「友里はさ お前とくつついた方が幸せになると思うよ」といっていた通りだと思うのですが、この作者さんだとそういう幸せは求めないかなー……と思います。
ジャンプ35号
いちご100%
最終回、おめでとうございます!
こちらのENDでよかったですvv
気になるのは、8/16の赤丸ジャンプに番外編と重大発表とのこと!

8/3 ナルトの第一弾映画がTV放映です。
おお、楽しみです♪みられたら……

ジャンプフェスタでは、BLEACHの映像もあるようですね。
けれど紙面をみる限り、日番谷君はいても雛森はいないようなので、
まあいいかな、と思っています。

8/4発売コミックス
 NARUTO29巻 ……もう29とは。
 BLEACH818巻 ……購入決定。 
 いちご100%17巻
他、銀魂、ボーボボ、ミスフル、派出所。
この続きを読む
BLEACH 189話
一護と親父さんの対面はありませんでした。
序に言うと、死神会議もありませんでした。
残念。
今回は悩める一護と雨竜のお話です。
この続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。