漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
原爆の日と高野連
原爆の日についてTB頂いた方のTBをたどりまして、同じ事件に注目されている方を発見。
FREE TIMEさま 「8月6日」 を拝見しまして、多少なりとも私もここで記録しておこうと思いました。

毎日新聞のニュースサイトより。

原爆投下から60年となる今日、
開会式を控えた甲子園で広島代表が原爆投下時刻に全員での黙祷を呼びかけたところ、高野連の幹部より「原爆はヒロシマだけのこと。この場で皆を巻き込むのはよくない」ととめられたとのこと。幹部曰く、全て含めて終戦記念日に黙祷する予定だから、とコメントしたらしいですが……。

「だけ」って……

ときどき思わずにいられないのですが、高野連の方たちの倫理観というか、ものの考え方って、実態はどうなのでしょうね。高校生を指導監督する立場なのに非常にわかりづらいときがあります。


ちなみに毎日新聞の記事には続けて、朝日新聞の広報担当の方(甲子園主催者ですものね)が高野連の方に同意するインタビューも載せられていました。そして朝日新聞のニュースサイトには今の時点でこの揉め事は載っておらず、ただ広島代表たちが黙祷をささげたことが載っているのみです。今後どうするかで私の朝日に対する評価が決まりますぞ。むむ。

……午後9時過ぎに、朝日新聞のニュースページに関連記事記載あり。
(すみません、どちらかのブログで知ったのかわ、わからなく……)
ただこの事態を引き起こしてすみません、ということらしいです。
その後の11時代の毎日新聞ニュースによると、私が一番ひっかかっていた「ヒロシマだけ」発言は、関係者の話をまとめたもので、本人の直接の言葉ではないそうです(ちなみにこの修正事項については謝罪がありません。ある意味凄い、毎日)。……でも当日黙祷を拒否したということは事実で、そうすれば理由を知りたいのは当然のこと。毎日に抗議するのならば、高野連は制止の明確な理由をはっきりしてほしかったです。原爆投下の日と、終戦と、また別の意味がありますから。一緒にしてもいいと考えているということは、……つい考えちゃいますよ?
……他の方のブログで、長崎投下の日と、沖縄、東京大空襲など全てを配慮しないといけないからかも、というご意見もあったのですが、それでいい気も私はします。どれも忘れてはいけないことだと思います。戦後60周年という節目に何より高校生自身が何かしようと考えていた気持ちを大事にして欲しかったです。長崎の申し出も断ったらしいですね。

更に8/8ニュースより
9日朝刊に毎日新聞がこの件に関するお詫び文を掲載するようです。
ところでこのニュース、ネット以外には流れたのでしょうか?
この続きを読む
スポンサーサイト
原爆の日 60年
広島の声が、世界に届くといい。
落とされたことを恨むのではない。核を、戦争を憎んでいる。
少なくともこれ以上、同じ痛みを持つ人が現れないように、訴えているのです。……それは日本の義務であると思います。

最近になって、若い日本人自身の手で原爆に関するものが傷つけられるニュースが耳に入るにつれ、心が痛みます。
何も知らない、または知ろうとしないのでしょうか。


折角ブログをはじめたので、今日ばかりは真剣に。

そして原爆に付いて1冊。
かつて小学生の頃に出会った「はだしのゲン」からは、原爆を実体験した作者の強烈な叫びが生々しく伝わってきました。こちらの作品は、そのヒロシマの今を見つめてきた作者から静かに染み入るように伝わってくるものがあります。もし日本にかつて原爆が落とされたことを、今なおヒロシマの人たちが、日本が世界に核兵器撤廃を求めているのはなぜか、忘れかけているのならば、是非読んで欲しい1冊だと思います。

この続きを読む
福田晴敏の本
大人買いした福田さんの本がどどっと届いたのですが、どれも読めません(泣)
買った中では「川の深さは」くらいでしょうか?

フィクションが洒落にならないことが最近多いようで……

ロシアの潜水艇の事故が。
ロシアの潜水艦
4日、ロシアの潜水艇が、魚網らしきものがスクリューにからまって引き上げができなくなってしまった。ロシアの艦隊10隻が現場に向かったものの解決できず、自力での救助を断念、5日、日米両国に支援を要請。
米英両国は無人潜水機を空輸、一番近い日本は海上自衛隊の潜水艦救援母艦他4隻ほ現場に向かわせた。ただし、5日午後に出発した日本の海上自衛隊が到着するのが9日、残りの酸素は早くて24時間、とてもではないけれどそれまで持つ保障がないとか。また海上自衛隊も救援活動自体がはじめてということ。

閉じ込められてなす術のない7人の乗組員の方々、目の前で仲間が苦しんでいるのを何もできないで待っているのロシア海軍の方々の気持ちを思うと、背筋が凍る思いがします。
テレビニュースで見て、慌てて朝日からCNNまで多種ネットの新聞をチェックしました。
以前にもロシアでは同様の事故が起きた覚えがあります。日本はともかく、空輸ということはアメリカの潜水艇は早く到着するのでしょうか。せめて、なんとか酸素を供給できないか。
いいニュースが聞こえることを祈ってやみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。