漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ネットで音楽
ゲームを自費製作している方がいらっしゃる事は知っていますし、買ったこともあるのですが、
逆にゲームで使われている音楽が自費製作の場合があるということを聞いて、
またなんとも好みの曲を教えてもらって、もうほくほくです♪

どんな音楽が好きかと尋ねられれば、他の趣味と変わらずかなり節操がないのですが、その中でインストゥルメンタル調の優しい曲大好きなのは、やはりアニメの影響かもしれません。
中でもちょっと異国情緒あふれる曲、好きですvv

たとえばどんな感じの曲かといいますと。
もう随分昔の話になってしまいますが、
「ふしぎ遊戯」というちょっと中華風の少女漫画がありました。アニメ化もされたのですが、それとは別に出版社で出したCDBOOK全五巻、ここで使われていた曲が、凄く素適だったんですよ!毎回そのシーンのために違う曲を作って下さっていてこの歌詞が……、ラストに流れるのが、また泣けるんです……。
ザバダックというグループの、上野洋子さんという方が歌われています。
今はどうしているのかな……このCDBOOKも手放してしまったのですが、せめてパソコンを持っている時代だったら手元にコピーを残して置けたのに、と悔しいです。
このふし遊の作者さんはコミックスでいろいろイメージソングを紹介していて、ここで知った135というグループも好きです。
あとは、何年前になってしまうのか、
映画「アルスラーン戦記」のエンディングを唱っていらした遊佐未森さんも好きですね。
またボーカルなしでも、「大英博物館」の式部や、葉加瀬太郎(この字でしたっけ?)の曲も好きです。

とにかく、今回教えていただいたのが正にこんな感じの曲で、ちゃんと自分でプロデュースしてCDも出している方で、味をしめた私はHPに伺ってはいろいろ視聴しまくっています。
スポンサーサイト
宅急便戦争
郵政公社が東武百貨店と提携を結びました。

郵政法案が停滞してしまっている中で、利益の大きい小包業務を拡大したということになるのでしょうが。
ヤマト運輸、厳しくなりますね……(ぽつり)

NHKのプロジェクトXを見て以来、ヤマト運輸が築き上げたこの宅急便ビジネスに敬意を抱いています。なので、そこに官業の強みでもって割り込むのは余りいい気持ちがしません。酒税法の時も思ったのですが(このときは、頑張って単価の安くなるように新しい酒類を開発したら直ぐに税金をかけられたのですが)……企業努力をここまで無にされちゃうとね。
郵政が完全民営化したあとならば納得がいくのですけれど……小包業、これだけの低価格でやっていけるのは、あくまで公社だからですよね?
勿論、ヤマトから公社の乗り換えて経費削減を狙う業者の気持ちも理解できます。年1億円は大きいですよね。
でも、いざ民営化になれば何処までこの価格が維持されるかは微妙でしょう。

といいつつ、エクスパックを多用している私です。
……だってどうしてもヤマトの窓口より郵便局とポストの方が数が多いんですよ~。ダンボールサイズはヤマトに持っていくのですが、ちょっとした量の時は便利なんです。コンビニが切り替えちゃったのは、ほんと痛かったです…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。