漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BLEACH DVD尸魂界潜入篇3・4巻
実は購入してました、BLEACHDVD。
4巻はちょうど名古屋に出発する前日に届いていたのですが、内容を既に殆ど見ているだけあってなかなか確認していませんでした。
……でも4巻は雛森メインの話が多くてほくほくです。
4巻の収録で週代わりEDも終わることですし、続きを購入するかは、迷い中。今ではSEED関係の出費もあるので厳しいですし~でもここまできたら日番谷vs市丸の回は欲しい。テレビ本編もしばらく見ていないのですが、日番谷vs藍染も欲しい……基本的に、続き物の途中1巻買いに抵抗がある性格なので(というよりどんなストーリーでも手元において置くなら最初から最後までないと、見返したときに物足りない気分になる)、そうすると毎月5千円弱の出費が延々と出ることになるんですよね。

と個人的な事情はさておいて。ED情報だけでも載せておきます。
メモメモ。
この続きを読む
スポンサーサイト
BLEACH201話「Wind &Snowbound」
何とかチャドのピンチに間に合った一護。

しかしそこにすれ違いが生まれてしまいました。
チャド「…一護…お前はもう…俺に背中を托けてはくれないのか…俺はもうお前と並んでは戦えないのか」
なんとも切ない。思えばただチャドって一護のためだけに尸魂界に乗り込んだんですよね。漢の友情!

しかしそれよりも今回は、ルキアの死神姿に注目してしまいました。ごめん、チャド。
連載早々死神の力を失ったために、彼女が斬魂刀をもって戦う姿は初お目見えなのです♪
刀の名は「袖白雪」力は「氷」技はまず「初の舞 月白」
女の子らしい感じです。可愛らしさを感じたのは、雛森以来かな。……ただ雛森の力は手榴弾のような爆発系なんですよね?可愛い名前と形なのになぁ。

……ここでつっこませて抱きたいのは「氷」で最強の日番谷の立場は?という感じに、圧倒しているのですが。どうだろう。これで圧勝してしまうようなら、隊長格でやっとという力のレベルはどういうことなのかな……。

今回のお笑いは、義魂丸「チャッピー」。語尾に「ぴょん」をつけるなーって女性死神一番人気ってほんとですか?自分の体がこんな行動して嬉しい?
旦那様と卓球
旦那様が、職場の付き合いで卓球会に出場しました。
近所の公民館です。

運動不足の旦那様には、絶好の機会。
この日のために、一ヶ月以上前からスウェットスーツを新調しました。
……が、
「腹がきつい……」
丈をあわせたサイズになると、どうもおなかがきつすぎて動けなくなると訴えられ(ウェストゴムにも関わらず)、しばらくゴムを伸ばした状態で飾っておくことになりました。
男の人の太り方って、おなかがひたすら出るのでこういうことになるのかな?
結婚以来、毎年ズボン新調しているんですよね……旦那様。
ちなみに、女の人は太ってもウェストのみなら割りと無理がきくと思います。
普段締めているせいか。逆にウェスト緩いのばかりしていると、本当にウェストが緩んでくるような気が……まるで纏足のようだな(笑)

前日仕事で朝4時帰りだったため、当日の試合はどうなるかと思ったら、2勝2敗だったそうです。すごい!
私が一つ疑問だったのは、卓球の試合の運動量ってどんなものなのでしょうか?帰宅後今度はパチンコ繰り出した旦那様の姿に、果たして運動した成果があったのか悩んでしまいました……。
「ガンダムSEEDDESTINY」4巻 示される世界
前半部分は実際見ていないのですが、それでもかなり説明が加わってようやく解明できた部分もやはりあります。

かなり私見の入ったアスカガ部分は続きにおいておいて。



アスランは揺れ動く立場だったから、心情が文章で書かれると納得できる部分も多かったです。
シンとキラの戦いに対するアスランの構え方とか。
……キラの方が強い、キラはシンを殺さない、だから大丈夫。
特にシンの変わりよう=議長のやり方に疑念を抱いてからのアスランの心の動きは、テレビだけで表すのは難しかったのでは。というより小説、うまいなァト思います。(実際観ていない部分なのですが)。議長の言葉ひとつひとつに反発していき、キラの評価に対して爆発するあたりが。ちょっとはっとしたのは、シンの姿。新しい機体を与えられて喜ぶシンに、過去の自分を重ねていたのですね。
微妙な反応だった、シンに追撃される際の「彼らの言葉はやがて世界を殺す」、シンがめちゃくちゃ困惑していて笑えます。うん、わからないよねその言葉だけでは。同様に、「ラクスを守る」のあたりは解説があってやっと納得。

アスランに対するシンの思い。
……アスランがシンのことをいつも心配してくれていたのは、議長やレイの言葉に惑わされようとも彼の中では変わらなかったのが、嬉しいです。

キラの心情。
極力被害を出さないようにはしているものの、アスランの指摘どおりそれは欺瞞でしかなく、一人も殺さない戦いはない、と。

意外とタリアさんがカガリびいきですよね、小説。
オーブの良心と表現しています。

増えたシーンで嬉しいのは、キサカさんの潜入状況、ヒルダら3姉弟、ほんとはこう入るはずだったのですね。ステイングの最後にも迎えがきて、良かった。

あとは、オーブ事情。
前大戦の首長の多くはウズミと共に死、残った者も戦後処理の後責任をとって辞め、残っているのはセイランの追従者だけ。……うわぁ。すごい状態だったのですね、オーブ政府。これは政治経験もないカガリ一人では太刀打ちできなかっただろう……というかよく首長にしたなぁと。
セイラン親子は散々ですね。
「ウナトの視線はオーブ国内と地上の権力者にしか向いていなかった」
「彼は誰より先に行政府を逃げ出した。国民への警告も防衛も先送りにして」
ユウナよりはちょっとは考えていたように見受けられたウナトさえ、こうだったので。勢いの余りカガリが殴ったユウナに対しては、
「クレタで多くの将兵を死なせ、さらにいま国内に戦火を持ち込んだことに対して、何の痛痒も感じていない」
カガリの後悔は続きます。
「批判することはいかにもたやすい。うわべは正しく響こうとも、熟慮を経ず、真剣な気持ちを伴わない言葉に何の力があるだろう」
「そもそもそんな言葉を、この男たちは真剣に考えてもいなかったというのに」
連合条約に付いては、あの立場で「また国を焼くのか」といわれれば一つの道であったかも、と私自身も思っていたのでちょっと真剣に読んでしまいました。
……このあたりの対立、セイラン親子を真摯な政治家として立場の違いを追及するのも深いかなと思ったのですが、時間が足りないからしょうがないのかな。実はシンvsカガリもちゃんと追求して欲しかった私です。

ちなみに小説の最後は、アスランの「大丈夫……できる。シンを救うことも、破滅へ流れていく世界を救うことも。キラと一緒になれば、きっと乗り越えられる」で〆られています。この後、宇宙へあがる前に繋がっていくのですね…。
この続きを読む
活字倶楽部 ’05秋号
今回は中華ファンタジー&歴史小説特集。

という事で。なんといっても目玉は田中芳樹&小前亮の師弟コンビと、新人雲乃紗衣のインタビュー。

田中先生が、どれほど中国小説に力を入れているか、よくわかります。
ふっ。最新刊のアルスラーン戦記についてはちょこっとだけしかでていません。今のところ2部は全9巻予定らしい。ということは。既に3巻はでていると見て……先が長いです、次は何年待つのやら。
田中先生の中国小説って今のところハードカバーが多くて手が出にくいんですよね。今回の特集で文庫も発見したので、余裕ができたら買ってみようかな。

雲乃先生のインタビューは、若々しくてでもしっかりしていて好感です。本人の「わかる人だけに評価してもらう、というのではなく、前知識がなくてもわかりやすい、面白いといってもらいたかった」とひたすら「わかりやすさ」にこだわったのが、これだけ急激にファンが広がった一因かな、と思います。

他インタビューは森福都、特集はやみねかおる。
作家としては長嶋有、ブルボン小林、桜庭一樹、たけうちりうと。

中国だけでなくクリスマス特集もしていて、やはり読者のpush記事は楽しいです。冬に身動きが取れなくなったら参考にしてみよう。

再興院展90回の歩み展
根津美術館の帰りには日本橋三越の7階特設、院展の90回を記念した企画展を見てきました。97作家126点、なかなか壮観でした。会場は3箇所に別れていて移動しなければならず、ちょっと混乱しますけれど。

旦那様に連れられて日本画展を巡り歩くうちに、私なりに好みの作家さんができたのですが、ちらほら出展されていてほくほくでした。ちなみに第3展示室は現代の画家が多いので特に。ただ大きなサイズの絵が多かったのですが、画集に収録される際には小さくなっていたりした残念。やはり生の迫力には適いませんね。

というわけで、画集で復習しながら好みの画家を抜書き。

下村観山、福王寺一家(三代とも好きです)、平山郁夫、後藤純男、高橋常雄、田淵敏夫。
ここで初めて知ったのは北野恒富(美人画、色っぽいですv)近藤浩一路(単色勝負、すっきりしていてすきです)。

他にも何名かいるのですが、今回の参加者はこれまで。

さて、共通点は何でしょう?……風景画が多いですね。
根津美術館
名古屋泊の翌日は朝早く経ち、東京・根津美術館に行きました。
旦那様の趣味の一つが日本画鑑賞なのですが、ちょうど特別展で国宝「燕子花図」が展示されていたのです。

根津美術館によるのは、独身時代に母と寄って以来です。
とても小さな美術館で、特別展などをするメインの展示室は二間続き部屋が一つ、他に常設展示として、お茶関係の展示室が吹き抜けの二階続き一部屋あるだけなのです。
ただこじんまりとした美術館に比べ。街中に突如として現れた緑深い庭園には。水路で繋がれた幾つもの池の傍にそれぞれ小さな茶室があり(勿論常時は使用されていないのですが)、苔むした通路に透き通った水、優美に泳ぐ鯉……とても風流です。一巡り5分もかかりませんが、小さな通路はあちらこちらに入り乱れ、全部歩こうと思えばかなりなものかも。これだけの庭園をあくまで自然な形を残して美しく保つ管理は、相当大変だと思います。

……こういうところでお茶会とか、素敵だなぁと思います。
やっている流派の方もありそうですが。御茶道具の展示は、なかなか面白いですv

メインの特別展も、流石でした。この少ない色を画面にちらしたバランス、筆遣いの勢い、シンプルな絵だからこそ凄さがわかるような気がします……。
名古屋
旦那様の用事に同行して、1泊二日名古屋に行ってまいりました。
1日目は午前中は徳川美術館、午後は旦那様が講義に出ている間に名古屋駅で買い物をしようと駅のデパートに入ったのですが。

名古屋……美人が多いです!皆さんばっちり決めていらっしゃっいてて、思わずトイレに駆け込んで化粧直しをしてしまいました。
しかもお洒落ですね……ちょっと眼福ですvvv

しかしいい思いをしたのもつかの間、名古屋の夜はまた旦那様にパチンコに出かけられてしまったのでした。
なんだかパチンコ雑誌に載っているような有名なお店があるそうですね。
……詳しすぎて心配です。

翌日には、女性専用車両に乗る機会がありました。まだすいている時間帯だったので快適。となりの車両の企業戦士の群れを見るにつれ、余計にそう感じました。グレーやベージュのコートの群れに比べて車内が華やかです。
徳川美術館
立派な建物はなんだか保護対象物のようです。
庭園内ではそこかしこに写生をしている御姉さま方が大量にいらっしゃって、思わず入るのをためらってしまいそうになりました。……写真じゃないから大丈夫。

第一展示室の前には、尾張徳川家の家系図がありました。……って、時々20人以上子供作っている方がいらっしゃるんですが!子供好きの家系なのか……まあ家康も子供多かったですものね。血筋血筋。現代だったら破産しそうです。
刀や武具も面白かったですが、7年ほどお茶を習っていたため、第2展示室の「大名の数寄」の御茶道具関係の展示が一番勉強になりました。いいなぁ、使って見たい……いや自分が御手前の立場ではなくお客様として拝見してみたいです。
企画展は「王朝ヘの誘い」。
始めは様々な筆を見ていたのですが……最後の方には空けてもくれても7割がた光源氏に埋め尽くされ、最後にはどれがどれだかわからなくなりました。光源氏研究者の友人が見たら小躍りしそうな企画。ちょっと異種婚の展示もあって、知らない物語も多くてちょっと興味を持ちました、割と好きなんです。
「はるか遠き国の物語」
懐かしいコミック文庫を思わず購入。
碧ゆかこ先生の「はるか遠き国の物語」シリーズです。

ペルシャ・カリフの時代を舞台に、冒険好きのお姫様がトラブルに巻き込まれては婚約者の王子に助けられる物語(語弊あり?)で、大好きでした。さっぱりして行動派でお人よしの姫アニース・ジャニースと、その持ち物・かの有名なアラジンの魔法のランプの精、しっかり者の侍女シェーラ(後に兄王子とv)、姫が助けた黒豹アルダシール、事情があって盗賊あがりのクールな婚約者アラム・ディーン……が、不動のメンバー。剣と魔法と人外とアラビアンナイトの美味しいところ満載ファンタジーでした。
この話があったため、高校時代に歴史研究部ではタージ・マハルをテーマにあげた気がします。実際のこの時代には、こんなことは不可能なのですが、そこはファンタジーvv


ちなみにこの話、月刊プリンセスで連載していたのですが、当時はあの有名な古代エジプトを舞台にした「王家の紋章(現在も連載中)」、イギリスの神話を舞台にした「妖精国の騎士(現在も連載中)」、ローマ神話に絡んだ「アリーズ」、古代日本の「明日香の王女」、そしてこの「はるか遠き国」シリーズと本当にお姫様だらけでした。皆好きだったので、そのうち機会があればまた詳しく載せて見たいです。
結婚式
高校からの友人の結婚式に参加してきましたvv
神前式には初めて参加させてしていたのですが、なかなか厳かで良かったです。巫女さんも可愛かった。ただ、こう、「おめでとう」と騒ぎたかったものの騒げずにちょっとむずむずしておりました(笑)
ちなみに、知り合いがいなかったので、同じく一人の女の子をナンパしたら、友人の中学校の同級生でした。そのあとまた一人ナンパしたら、大学の友人でした。またまた一緒になった方は、社会人の時代からの友人の方でした(笑)。まるで人生の系譜を見ているようでした……私自身の時もそうだったのですけれど。
披露宴には高校の友人とも合流し、学生時代の友人でまとめられたテーブルに着いたのですが、ちょっとした同窓会気分にも。ちなみに会場が私の時と同じだったもので、あの日食べられなかった料理の悔いを晴らすように食べまくりました。……ビデオに写っていないといいなぁ。新郎新婦には当日食べられないからと、夫婦の分の食事招待券をいただくのですが、新婚で初々しかった私は旦那の言葉に従って義両親夫婦に譲ったのでした。

肝心のお式の話ですが。
白無垢って、披露宴には着ていかないものなんだそうですね……入場の際、最後にちょっとだけ時間をとって友人の写真を撮ればよかったと後悔することしきり。つのかくしもあって、新婦さんの雰囲気が本当に荘厳になります……。
けれどやはり華やいだのは、白ドレス。細くてすらりとした体に似あって、とってもとっても綺麗でした。
私の席は一番前のBESTポジションで、ばしばし新婦の写真を撮っていたのですが、出かける直前にいつもの使い捨てカメラではなく母から渡されたデジカメにしたため……家に帰って中をチェックしたら、ちゃんと撮れていたのは式場の人に撮って貰った集合写真だけでした。
……使い慣れないものは使うものではないですね。ごめんMちゃん。
「しゃにむにGO」21巻
今回の収録は、延久ら上級生と新入生との試合、そしてひなこと駿のデート話、そしてついに母のことが表ざたになった留宇衣の問題がメインです。

新入生と接する延久が先輩らしくて、感慨深いです、大人になったねぇ(しみじみ)。前巻は新人マネージャー大河が、延久のプレイに魅せられるという話でしたが、今回は特にひなこの弟、耕一との試合が花。人をひきつけ、楽しいと思わせるテニスのできる延久はスゴイ。本人が余りにもまっすぐなのもあるのかなぁ。
三年生になって、今度は球に緩急と回転をかけることを課せられている延久。その悪銭苦闘振り、テニス漫画らしくていいなと思います。ふふ。
そして一方でいよいよ大詰めになってきた恋の三角関係。距離を縮めようとする駿、いよいよ告白を考えている延久、自分の中で二人の存在はどういうものなのか戸惑い始めたひなこ。デート話、可愛かったです。
この続きを読む
「妖精標本」1巻
由貴香織里先生の新連載。1巻入手しました。
主人公は妖精とのハーフ、可愛い系美少年。
ヒロインはその幼馴染、和風系の気の強い女の子。
当初はヒロインとのからみもなく、先生には珍しい外見のヒロインだなぁと見守っていたのですが。きつい表情ばかりだったのに、話が進むに連れてどんどん表情豊かに可愛くなっていくのです♪最近の連載では主人公を守るために体を張ったり啖呵をきったり、格好良かったです。
舞台は西洋妖精。天使禁猟区のような、独特で壮大な世界観がありそうで、ストーリー展開も今から楽しみです♪

同じ妖精でも、山口美由紀先生の「フィーメンニンは謳う」「タッジーマッジー」とはがらりと雰囲気が違うのは流石です。パステルピンクとベルベッド。自分の世界を作り上げてしまう、御二方とも、凄いと思います。

「深海の孤独」
SEEDのアルバムの方に収録されているステラのイメージソング「深海の孤独」を、友人にMDで聞かせていただいて以来、凄く気に入っていたのですが。
BESTにも収録されないし、そのうちレンタルして自分用BESTCDに焼こうかと思っていたのですが。

ステラ役の桑島法子さんがアルバム「純色brilliant」を出すそうです♪(12/16)キャラソンのBESTって、初めて聞きました。嬉しいです!
その中に「深海の孤独」も当然収録、他にも無限のリヴァイアス、十二国記などからの歌曲もあるそうです。役はしらないけれど、「深海の孤独」がとても素適だったので、是非聞きたい……ということで、これは当然予約します♪
花とゆめ 22号
ぜ。全員応募サービスCD、どうしようかな……
ラストチャンスの号です。
この続きを読む
CODE・AGE・ARCHIVES
コード・エイジ・アーカイヴス
 ~最後に落ちてきた少女~

ガンガンで最近連載を始めた漫画なのですが、少女漫画ちっくなところが好みかも、ですvvv

ゲーム等と同時展開していて、それぞれ主人公が違うのですが、私はこの漫画版の話がいい味出していて、気になります。
主人公が、恋人の遺伝子(コード)を求めて旅するお話……に、なるのかな?
特殊な世界なので説明しにくいのですが>
前回ラストで死んだと思っていたヒロインでしたが、「あの娘の遺伝子は生きている ただその繋がりを断たれただけ」。ヒロインの精神の遺伝子を手に入れた少年の言葉に、主人公は彼女の肉体の遺伝子を求めて旅に出るのです。

……美味しい設定です……vvv
鋼の錬金術師第52話「魔窟の王」
そこで出るのは鬼か蛇か。

今月の4コマは石焼芋売スカーさん……って、それじゃ商売になりません!

本編の方はシリアス一直線。死人は出ていないのですが、どの方面もピンチです……。
この続きを読む
パキスタン地震
先日のパキスタン・インド地方を襲った地震の被害は日を追う毎に増しています。そんな中かつてから懸念されていたインドとパキスタンの関係ですが、インド側からパキスタンへの支援の申し出があり、受け入れられたそうです。
問題のカシミール地方へのインド軍の乗り入れは断られたものの、一歩前進したといえるのではないでしょうか。

なんといっても隣国の援助が一番素早くありがたいものであると、そうであるといいと思います。
24
を、実は観始めました。

近所唯一のレンタルSHOPの月に一度の半額デー、全12巻の内利用限度の10巻を一巻定額100円のところ半額の50円、計500円で借りました。カウンターの若いアルバイト兄さんの間でちょっとした議論になっていました。……間違ってない、よね?

一時間の連続ドラマだけあって、格話毎に屯田返しがあって、なかなか面白かったです。続きが気になって寝られないほどではないですが、土曜のうちに4巻まで計9時間分見ました(オイ)。立ち読みしたものが印象薄くなったのは、このせいかもしれないです。

主人公テロ対策班リーダーが、大統領候補のテロ予告を受け、家庭内では娘の行方がわからず、対策班内では密通者の危険があり、また大統領候補の側でも家庭内で問題が。を同時進行しているあたりがうまい、かな。話が進むにつれて、全部繋がっていくんですよね。ラストが楽しみです。
ジャンプ45号
今回はとりあえず、なると、よかったです……vv
この続きを読む
BLEACH198
藍染隊長は藍染「様」だした……。

詳しい感想は続きにて。
この続きを読む
パキスタン地震
8日午前8時50分(日本時間午後0時50分)ごろ起きた、パキスタン北部を震源とするM7.6の地震では、JICAから保険されていた日本人親子二人を含む、2000人以上の死者を出しました。
日本政府も本日中に救助チーム、医療チームを派遣、後は一刻も早い救助活動に期待するばかり、と思っていたのですが。

最も大きな被害を受けたとされるカシミール地方は、以前よりインド・パキスタン間で領土を争ってきた紛争地域。連携した救助活動を行えるかどうかが注目されているそうです。もしかなえば両国関係の改善につながるのではないかと……。

一刻も早い救助活動を願ってやみません。

劇場版鋼の錬金術師AbsoluteCinemaGuide
うっかり発売日購入を逃して手に入れました。
映画版におけるセルを使ってのストーリー紹介、キャラクターの掘り下げ、設定資料集、何より関係者のインタビューが面白かったです。
皆さん自分の携わった仕事に誇りをもっていらっしゃって、読んでいてその情熱が伝わってきました。

立場によってそれぞれコメントも違っていますが、やはり監督と脚本家さんにとっては、テレビシリーズから続いてきた、これが最後の「鋼の錬金術師」のようです。


「もう一回フィルムを作るって話がもし出たとしても、僕や會川氏(脚本)やポンズが参加するかどうかは、まだ全然わからない。(略)まあ、僕が「鋼の錬金術師」に関わらせてもらえるのは、多分これで一区切りだと思います。
 全くもって、なんら問題も無く、「お世話になりました」って感じですね。「やった!終わった!!」という充実感があります。僕自身のキャリアの中でも、本当に大事な作品になりました。ありがとうございました--そんな感じです(監督さんのインタビューより抜粋)」
「作品というのは、送り出したからにはファンの皆さんのものですから、みなさんの中で続いていくかもしれません。ただ、僕らから「鋼の錬金術師」として送り出せるものは、これが最後だと思います。(脚本さんのインタビューより抜粋)」
この続きを読む
スーツCDは?
予約注文の漏れはないかとチェックしていてふと気になったこと。

ガンダムSEEDDESTINY SUITCD9 
当初の発売予定は10月下旬となっていたようなのですが、これも中止になったのでしょうか?どの名前になるのか、興味があります……。

ちなみに角川小説DESTINY4巻「示される世界」は11/1に発売だそうです。早いなー、嬉しいです。とりあえずもう本編が終わっているので、設定が変わることはもうないでしょう。(小説版のタリアさんと議長の関係は1巻と2巻で変わってしまった気がします。ネタバレを避けるためにしても、ちょっと……)
花とゆめ 21号
昨日アップするつもりで、他の事にショックを受けたら忘れてしまっていました。いろいろ進展があって面白かったのですが、ちょっと掠れ気味。
この続きを読む
インタビューにショック
アスカガファンにはきつい内容でした……。
すみません、うっかりネタバレなので感想は続きに修正しました。アスカガファンは覚悟のある方だけどうぞ。何度も何度も修正かけてます。

DVDの40分のSPECIALエピソードはショックを受けそうなので、やはり止めようかな……。

と思っていたら、ネット販売の説明に特典映像他の説明がなくなってしまいました。中止??


あ、運命1話録画見てみました。
なんだか面白そうでした(笑)でも、キャラも今後の展開もわかっている今だからこそ、そう思えるのかもしれません。
OP、4期まで残っていた画像がちらほらと(笑)この使いまわし、ある意味すごいなぁ。
アスラン凄く頼りになる人でした。
この続きを読む
ガンダム再放送
関東は今夜(明日午前?)3時からです。どうしようかな……。
アニメBLEACH 1時間SPECIAL
ゴールデンタイム進出おめでとうございます!
メインは十一番隊隊長vs八番隊隊長。
そして、六番隊隊長vs副隊長でした。
戦闘シーンは、アニメ、迫力ありますねー。綺麗でしたv


OPの感想は、以下に……。
この続きを読む
D-Grayman 6巻
表紙はミック卿です。カラーで見ると迫力です……。

なんといっても今回のメインは、エクスシスト・スーマンの「咎落ち」話でした。
この続きを読む
BLEACH19巻
伝説のフルカラー連載が、まんまカラーで収録されています。
しかも中央。
値段はいつもと同じなので、安心して、GO!

今回の収録メインは一護vs白哉戦。
表紙は、一護でした……ふっ、わかっちゃいたけど、桃は表紙にならないのかぁ。

あとは砕蜂の夜一ラブの御話と、日番谷&乱菊が四十六室に乗り込み神様光臨まであと少し、というあたりです。ラストは雛森も出てきて、久しぶりに嬉しかった……vvが、このあと、神様がね……どぎもをぬかれます。

なんというか、毎週ジャンプ買ってる頃なのでいまいち新鮮味が足りないプレビューでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。