漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
徳川美術館
立派な建物はなんだか保護対象物のようです。
庭園内ではそこかしこに写生をしている御姉さま方が大量にいらっしゃって、思わず入るのをためらってしまいそうになりました。……写真じゃないから大丈夫。

第一展示室の前には、尾張徳川家の家系図がありました。……って、時々20人以上子供作っている方がいらっしゃるんですが!子供好きの家系なのか……まあ家康も子供多かったですものね。血筋血筋。現代だったら破産しそうです。
刀や武具も面白かったですが、7年ほどお茶を習っていたため、第2展示室の「大名の数寄」の御茶道具関係の展示が一番勉強になりました。いいなぁ、使って見たい……いや自分が御手前の立場ではなくお客様として拝見してみたいです。
企画展は「王朝ヘの誘い」。
始めは様々な筆を見ていたのですが……最後の方には空けてもくれても7割がた光源氏に埋め尽くされ、最後にはどれがどれだかわからなくなりました。光源氏研究者の友人が見たら小躍りしそうな企画。ちょっと異種婚の展示もあって、知らない物語も多くてちょっと興味を持ちました、割と好きなんです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。