漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
監督インタビュー
読んでまいりましたv
インタビュー趣旨の中心は主人公3人の立ち居地だったのですね。
キラ=哀しい、アスラン=迷い、シン=普通の少年……ということでしょうか。
それより何より、先月の両澤さんのフォロー話が多かったのですが。ネットだと監督・脚本で「夫妻」と評されているのをよく見かけるのですが、この御二人って本当に夫婦なのでしょうか。これって夫婦愛?
この続きを読む
スポンサーサイト
オーラとか霊とか
昨晩旦那様が「オーラの泉」を真剣に見ていました。
旦那様は信心深いというか(いや奉仕精神は欠片も無いのでちょっと違う)、よくテレビで心霊学者による犯罪追跡とか、降霊術による親子の感動の再会物語とか、こういう話が大好きで真剣に見ています。(逆にホラー番組やホラー映画は大嫌い、一度も付き合ってもらったことがありません。ホラーハウスは逃げられました……)

私自身は全く心霊経験もないし第6感も錆まくっているので、この手の番組は「とりあえず私には見えないから関係ない話」と思っているんですが、そうすると旦那様から「お前には見えないけれどそういう世界もあるんだ」と反論されました。……だからそういう世界があるというところは否定していないのだけれどなぁ。そんな罰当たりの人間みたいな目でみなくても。

私同様「見えない」筈の旦那様が、なぜオーラの話を真剣に聞いているのか不思議なので聞いてみると、「こういう世界もあるんだ、だからこうした方がいいというアドバイス通りにやってみる」という答えでした。
……一度だけ旦那様と一緒に見たことはあるんですが、ゲストの方のオーラを背後霊とか前世の話を含めて判断して、あなたは~だったでょう、それは~のせいなんですよ、だからこうした方がいいですよ、と人生アドバイスする番組のように見受けられました。これはあくまでゲストの方のパターンであって、他の人には応用できないような。

見える人同士なら分かり合えるんでしょうが、見えない私にとってはその人が本当に見える人か真偽の程はわからないし、必要の無い限りその話題には関わらないようにしています。……何故かというとこの手の個人の活動家、高額のお金がからんでくる場合が多いので。無料の奉仕精神ならいいんですけれどね。

ちなみに私は、心霊写真や「出る」噂には近づかないように、コックリさんとかしたことはないし、他人が「かみさま」と呼んで大事にしているものは乱暴に扱わないように心がけています。見えない私としてはこのくらいかな……。

このあたりの割切りは、意図はともかく「悪霊シリーズ」を読んでからきているかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。