漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
監督インタビュー
あちこちでインタビューを受けておられるようですが、雑誌「日経Characters!」1月号、インタビュー日は10月4日。

ちょっと立ち読みしてきましたv
(……買わなかった理由は、付録がいらなかったからと特集記事でアスランとメイリンが……所詮私はアスカガファン)

キラたちの求める未来と、議長の目指す未来の説明が、具体的でわかりやすかったのではないかと思います。ただ……こう、ちょっとだけ人のカンに触ってしまうような言い方をしているような気もするんですけれど。……え、この言い方は反感を買うのでは?とか思ってしまう私の方か神経過ぎるのでしょうか。むむ。
スポンサーサイト
鋼の錬金術師12巻
初回特典の4コマ漫画は、全て収録しているわけではないような気も。
CDBOOKとか、フィギュアとかないような……て、あれは普通に漫画でした。
増刊パワード、DVDブックレット、牛小屋リレー、そして書下ろしが4点。アル好きさんは4本目をチェック。

今回表紙はリンとランファン。格好いいです、リン!
そしてバック……銃を持ってうなだれるウィンリィの手を押さえる、機械鎧の手がちらっと見えているのがいい。
カバー背表紙、今回は誰も天国に行きませんでした(笑)
カバー表紙は「小豆」に切れるエド。……ごめん、ある世界だと君は既にそう呼ばれているのだよ。ちなみに成長すると大豆(笑)
カバー裏表紙は……どこまでもお笑い要因、大佐。きっと愛あればこそ。

今回好きだった作者の言葉。
"「作り話だからこそ、本来なら救いのない話にも救いを作ってあげられるんだよ」という先輩漫画家の言葉に漫画魂が引き締まる思いがした"
……読者としても、これはあるかも。涙のフィクションもいいのですが、救いのない結末の本ばかりだと、へこみますね……。ということは、ハガレンは大丈夫なんですね、先生!
Q.キャラの肉付きいいよね
の質問に「細っこいとメシ食わせてもらってないみたいでかわいそうじゃないか!!!」男はムッキリ、女はムッチリ。そんな先生の仕事場ではアシスタントさんを肥え太らせるようです。恐るべし!
鋼の錬金術師(12)
この続きを読む
大丈夫?
先日実家に泊まった、その深夜2時ごろ。

実家置きしてある「頭文字D」を1巻から読み返していたため、たまたままだ起きていた私は、突如響いたサイレンにびっくり。しかも一台どころではなく、何台も何回も周囲に集まってきて、最後には救急車まで到着した気配。

部屋から飛び出して外をうかがったところ、どうやら近所の団地て何かが起こった模様。火の臭いもしなかったので、母と話してとりあえず寝ることにしたのですが……。

あの大騒ぎの中、熟睡を通した父、そして弟よ。
お姉ちゃんは有事の際が心配です……。

朝になって父をからかってしまった私ですが、自分も寝ていたら起きられるか心配になりました。……母や祖父母は流石に危険に敏感だなぁと思ったのでした。
インテリア №38
こちらの雑誌は特にひとりぐらしと銘打っていないので、家族の部屋が多かったりします。部屋数も割りと多かったりもするので、各所コーナーなど見所満載です。子供部屋とか、私にはまだ関係ないのですが、各種工夫を凝らしていてなかなか可愛い。しかしやっぱり第一は、台所・リビング・水周りなんですが。別格でくつろぎスペース。

今号の特集は「こんな部屋に暮らしたい」の大特集。
実例が一番参考になります。その家族ごとのLifeスタイルをのぞけたりも……。
そして、ドイツの部屋特集。
外国の部屋って、それぞれなんだかお洒落ですよね。

やはり、ものの数を減らすのが綺麗の第一歩のようです。
私の実情?……逆だからこそ、惹かれるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。