漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ハガレン放送局」TAKE4
今回のゲストはグリード役の諏訪部さん、ハボック役の松本さんでした。
諏訪部さんの俺様風喋りの後に松本さんのおとぼけ声を聞くとなんだか癒されます(笑)

諏訪部さんには、テニプリの跡部のイメージも実は残っていて(14歳とか自己紹介しているし)、朴さんの突っ込みと対抗しているので、どうしても「俺様」イメージに。でも愛犬「ゼロ」は可愛いvかも。
そして「口説き文句」の御題で皆しどろもどろだったのに笑いました。
す、諏訪部さん!?が……がんばれ。結構こういう情けない系好きだ!

松本さんはいじられますね……。
練成ゲームの「みたらし団子」はうまかった!
「ふられて落ち込んでいる人を慰める」御題。
わははー。ハボックさんの次に釘宮さんの策略によって御題を言う羽目になったエド(朴さん)!それ、個人攻撃ですから。



ウィンリィの曲のアレンジはHoneyloveバージョン。
元が可愛い曲なのに更にポップになってる!?
スポンサーサイト
梶浦由記「FICTION」
梶浦さんらしい曲調で、全編英語でした。
(あ、日本語訳はちゃんと歌詞カードについてますから、念のため!)
そして、そのためか14曲収録されている曲が同じような印象に。梶浦さんが好きな私としては、どこから聞いても安心できるアルバムです。

FictionJunctionYUUKAのBESTは、いろいろなアニメ他作品のために作った曲のBEST版だったので一枚の中がある意味多国籍ですが、こちらは組曲のような。
ゆっくりする場所にこっそり流すとお洒落かも。
私は紅茶片手に本を読みながら、バックに流したいです……ってそんな優雅な生活が果たして送れるものなのか……???

すみません……ついさっきまで「浦」を「原」だと思っていた私です。
everlasting song
アニメ・エレメンタルジェレイドの挿入歌。
梶浦さんのユニットFictionJunctionASUKAの曲です。

……実は注文かけた後にアルバムを手に入れてしまったので、曲自体はもう聞いているのですが(笑)アルバムの方がEnglish版なのです。

こちらのシングルはJapanese、ballade、harmonica、カラオケバージョン収録。

ASUKAさんがとても暖かい声の持ち主なので、激しさも暗さも寂しさの欠片もなく、明るく穏やかなこの曲調と合わせて素適。問い合わせがあったのもわかる気がします。
梶浦さん自身のアルバムと傾向が似ているかも。
HAGAREN SONG FILE BEST COMPILATION
新鮮味の薄れないうちに、感想を。
今まで出た5枚のキャラSONGFILEのベスト版。
カラオケバージョン以外は全て収録の豪華さ。
(ヒューズのアレンジ=ハガレン放送局TAKE5はないのかな……)
ラジオDJCDに収録されているアレンジ版、メンバー全員で歌った追加収録2曲まであります。
……5枚揃えている上にラジオCDまでもっているのですが、この2曲聞きたさ購入してしまいました。
実を言えばエドのキャラソンだけがパソコン処理できないバージョンだったので自分で編成できない以上、こうして一枚で聞けるのは助かります。
2枚組みなのですが、ケースも豪華にアルミケース付き。これは、DVDケース・設定資料ケースのケース同様、「鋼」にかけているんでしょうね。

追加曲についてさらっと。
LASTMEETingはバラード系、しっとりした曲です。映画後の別離を踏まえて、それぞれが御互いに送るメッセージ……かな。
Good!!はポップな感じの前向きな曲です。曲の合間に入るエドの合いの手がもうおかしいです、ヒューズとロイの掛け合いも。最後の最後、おなじみのエドの台詞に笑って下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。