漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
劇場版鋼の錬金術師シャンバラを征く者DVD
黒のBOXはエドとアル、うう、アル可愛いですvv
中には3枚のDVDがあるのデスが、これが3枚分冊で、黒いバックにアルの鎧、エドの腕、そして門?が表紙。
黒地に金文字がお洒落ですvv
 
一枚は当然ながら映画本編。
一枚は水島監督始末記(製作記録)&監督+声優(エド・アル・ロイ)の座談会
 →制作に関しては時間が無かったんだ-!と修羅場の叫びがよく聞こえてきました。監督さん、アニメの妖精はいません、スタッフががんばったんですよー。かとうさんたちの一言コメントなども観れてほくほく。
 →座談会。皆DVD慣れしてます(DVDやら雑誌やらで何度も特典撮ってます)、
  そして殆どあちこちで語り尽くしてしまったんだろうなぁというのがありありとわかりました。新鮮さで言えば映画オフレコの裏話がやはり面白かったです。最後のメッセージでロイ役の大川さんが「皆さんに御渡ししたもの」と表現しているのが印象的でした。
DVD最後の一枚は、スタッフ版、声優版のコメンタリーが二本+予告編・特別編
 →コメンタリーは日本とも、まるまる映画を流しながらのものなのでまだ見ていませんが、声優編はエド・アル・ウィン+監督がコメント。
 →最後の特別編は映画の名場面の編集仕立のフィルムで、素適でした。

おまけとして、ポストカードセット、そしてブックレットもついています。
映画の設定資料少々と、アニメ評論家、脚本、総作画監督、音楽、音響監督、そして監督のインタビュー。皆が気合を入れて真面目に答えている中で音響監督さんはちょっと息抜き。同時期公開の「ポケ○ン」も担当されていたそうで……それは、たいへんな……。
やはり監督さんの作品に対する姿勢は好きだなーと思います。あちこちでいろいろ答えていらっしゃるでしょうが、今回は
"「戦争はいけないものだけど無くならないし、ひとりひとりが自分との中でつながりを考えて生きることが、まず大事だ」ということに気付いて欲しいと思って作りました。そこから何を考えるかは自分次第だと"
いう言葉が印象的でした。
スポンサーサイト
BLEACH DVD尸魂界救出篇 2巻
救出篇2巻は5巻収納BOXつきです。
BOXは一護と残月、あの正しい刀を選び出す特訓シーンです。赤のバックに黒の背景が格好いいです。潜入篇の2巻目のBOXの背表紙が真黒だったので今回は鎖に絡まれた刀と並ぶんですね、意味深かも。
あ、BOXによると4.5巻は五話収録みたいです!値段が変わらないといいです…。


さて、BOXは置いておいて、内容の感想を続きにて。
表紙は日番谷くんです。
煽り文句は
「戦いには二つある
 命を守るための戦いと
 誇りを守るための戦いと」

この続きを読む
BLEACH DVD尸魂界救出篇 1巻
ハガレン映画DVDと一緒に注文したため遅くなりました。
救出篇の1巻はCDBOOK付き。
決戦前夜の5番隊からという事で死神オンリー、雛森出番多いです!
こちらの詳しい感想は続きにて。
表紙は一護、煽り文句は
「目覚めろ一護 おぬしはまだ強くなれる
 そして目覚めた時こそ話そう
 お主の持つ斬月の真の力と秘密について」


DVDは一護が表紙。
石田君大活躍の回、収録です。
夜一vs白夜の「瞬歩」も映像にするとわかりやすかったですが、
雨竜vsマユリはもう、本当に格好良かったです。特に雨竜がぶち切れてしまうあたりから。周囲の霊力を吸い取っての能力、マユリ隊長の斬魂刀開放、迫力でした~vvv
そういえばネムの声、釘宮さんだったんですよね!ふふふ…(ハガレンのアルフォンスもやっていた方です)
四番隊3席の苦労日記もストーリーに組み込まれていました。ちゃんと口語体現代の日本語の文章になっているのが不思議?花ちゃんが意外と7席と高い位だったのも不思議。
そしていよいよ次回は雛森が活躍です!

次回予告、47話は織姫&雨竜&一護。
死神の仕事をよくわかっていない織姫ちゃん。
48話は一護&夜一&雨竜。
出番のない一護と一人で大活躍雨竜。
49話はマユリ&雨竜。
意外と不便な液体マユリ。なぜ瓶に入りたがるのか…
50話は牢に閉じ込められた3人の激白+日番谷の突っ込み。
六番隊はご飯がまずくて三番隊は日当たりが悪くて五番隊はゴキブリ。
……それぞれの弱点ですよね。
死神大図鑑は綾瀬川弓親(ナルちゃんめ!)射場鉄左衛門(アニキ!)狛村左陣(前見えてるか?)虎鉄清音(お姉さん紹介して!)
この続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。