漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ナルニア国物語 第1部ライオンと魔女
今更ですが、観てきました、先週の水曜日。
実は子供の頃から原作ファンなのです。一番夢を見せてくれた、第1作目が好きですね、続いて第2作と続きます。大きくなってからは最終作などに宗教色が目に付く部分もありましたけれど。
なので私にとって「アスラン」はこちらの方が馴染み深かったり。凛々しいよ、懐深いよ、頼りがいがあるよ皆のリーダーアスラン!懐かしい……私もあの鬣に手をすかしてみたかった……vvv
指輪物語でも確認しましたが、空想上の生物をしっかりリアルに映像を創っていて、美しい自然の光景と相まって素適でしたvvv一杯登場人物は省略されていて(なのでちゃんとまとまっていたのですが)、ビーバーとタムナスさんくらいかなぁと思っていたら…戦争シーンで一杯出てきてさすが!
また、主人公の4人兄弟が素適!日経エンターテイメントで記事を読んだことがあるのですが、こちらはほぼ素人の子達。だから撮影が進むにつれ、その仲の変化がよくわかる。兄弟間の確執も一つのテーマですので、その点凄く上手く作用していると思います。優等生の長兄、美人でしっかり者の長女、反抗盛りの次男、無邪気な末妹。……仲がいいんですよ♪
次作にはエドとルーがまた出るのですよね。同じキャストだといいなぁ。年齢的に難しいかなぁ。

物語の深みは指輪物語に、魔法の華やかさの面ではハリポタに勝負は出来ませんが(対象年齢が違うので)……だからこそ、子供受けはするんじゃないかと思います、わかりやすいので。特に第1作は。
スポンサーサイト
逆転裁判3
ついにプレイ完了してしまいました。
……最終作に相応しく、過去から現在まで今までの不明だった伏線とメイン登場人物フル出演のお話でした。最後までプレイ完了するとENDにオバちゃんがサービスで出ます(笑)
1本短いとはいえ、5作入って大サービス。事件の最初と最後が、主人公自身に深く絡んでくるので、熱中しました。真ん中に良い具合に息抜きの事件もありましたし。
なるほどくんとまよいちゃんって、凄く縁深かったのですねぇ。
今作で出てきたメイン人物も濃くて素適。
相変わらずキャラ立ち、凄いです。


寂しい。けれどこれだけ綺麗に終わっているものを蒸し返す余地もない気がします。
青木祐子「恋のドレスは開幕のベルを鳴らして」
恋のドレスと蕾の淑女」続編。
こちらも、「伯爵と妖精シリーズ」同様、まだ恋にも至っていないお話です。

天才的なドレスの仕立て屋クリスは極度に人見知りをする内気な少女。逆に強気な親友パメラに店員を任せ、二人で仕立て屋を開いている。
偶然知り合った公爵家の長男シャーロックは、ちょくちょく店に顔を見せ、そんな彼女を気遣い時には助けに行く。もちろん彼女の事が気にかかるからですが……そんなシャーロックに、クリスも心を少しずつ開いています。そんなもどかしいような、恋以前の関係の進展度が気になるのです(笑)

この続きを読む
谷瑞穂「伯爵と妖精 涙の秘密を教えて」
「伯爵と妖精」シリーズ最新作ゲット。
舞台設定は「伯爵と妖精 取り替えられたプリンセス」にもちょっと紹介しているので……。

今回はリディアと伯爵の恋の進展だけでなく、対プリンス戦にむけて「青騎士伯爵」としての役割もどんどん大きくなってきました……!

という事でネタバレ感想は例によって続きにて。
この続きを読む
茅田砂胡「レディー・ガンナーと二人の皇子」
ついに完結しました!よかった~作者もあとがきで言ってますが、上巻がでてから3年半。中巻があったとはいえ、……。
とまれ、最後は大団円でした。



舞台はファンタジー。
アメリカ西部劇の雰囲気を想像していてかまわないのではないかと思います。なんといっても主人公である外交官令嬢・キャサリン・ウィンスロウは14歳にして銃の名手なのですから。ただ、文明程度に於いては、機械文明の進んでいない、自然たっぷりの世界です。
そして何よりこのシリーズの特色なのは、異種人種。
彼らは無形種と呼ばれる街に住む人々とは別に古くから奥地で集団で暮らしています。何故異種人種と呼ばれているかというと……「ひと」の姿のほかの、動物の姿にも変身できるからです……この巻に登場するだけでも「獅子」「鷲」「狐」……種族毎に村を作り、無形種より厳しく人道的な戒律で生きています。
ただ、無形種がエリアを広げた結果、いつしか二つの種は少しずつ共存の道
を歩もうとしています。同時に軋轢をも生みながら……。

主人公は比較的に異種人種の受け入れの穏やかな国バナディスの生まれで、彼らに偏見がありません。ある事件がきっかけで知り合った、異種人種と無形種の混血のチームと、色々な国のこの人種間のトラブルに会い、解決していくお話です。

というわけでこの巻に限った感想を続きにて。
この続きを読む
RADIODJCD「ハガレン放送局」TAKE6FINAL
終わりました……終わりましたとも!
ゲストは大川さん、監督。
おまけ曲はエドCDに収録されている「鋼のこころ」のプラスロイ、ヒューズ版。
ちなみに下で紹介しているPREMIUMCOLLECTIONのエンディングは無印の「鋼のこころ」です。発売日一緒ですものね、演出がニクイ!



素の大川さんって、本当に穏やかというか、癒されますね。
以前友達の行為でイベントに行ってお姿を拝見したことも、雑誌で見たこともありますが、朴さんの言うとおり、ふっくらした外見からも癒されますvv
監督はもうトーク慣れしてますね。
最終回、エンディングにブラーチャが流れたのですが、ファンの生の声が収録されてまして……二人とも大泣き!実際はもっと凄かったらしいですが。3年以上もかかわってきたものですものね。また多分、お二人にとっとも初めての大きな広がりのある作品だったと思います。本当にありがとうございました。自分が制作する立場になるとは思えないが、もっとアニメ化を求められてもおかしくない作品だ、という監督の言葉でしたが、もし再び兄弟が現れるならば、やはり命を吹き込むのは御二人であって欲しいと思います。

……メディア化のラスト…さ、寂しい。けれどちゃんとけじめがつけられて良かったです。
原作はまだまだ続きますし!
鋼の錬金術師 PREMIUMCOLLECTION
楽しかった……。

全て私にとっては初めて見る映像だったので。
特にShortCOLLECTION!ミニと子供編、かわいかったぁ。

ではでは、ネタバレOKの方のみ続きにて。

この続きを読む
小説ガンダムSEEDDESTINY5巻 その一
ちょっとブログをお休みしている間に書きたいレビューとかたくさんあったのですが、本屋で発見してすっ飛びました。
とりあえず一読終えたところです。
(最初にストーリーを把握する速読をして、後からじっくり読み込む派です)

アスカガ。
別れの抱擁。
ちゃんとFINALPLUSのシーンも追加されてたわけですが。
カガリの別れの決意を、アスランは受け入れたのですね。
……もう、後藤先生の描写、切ないです。うう。
たとえ二度とその機会が巡ってこなくても……」……って文章が。戦場に行くということは死んでしまうかもしれないということですものね。
あちこちカガリを気遣う心情も多くて、ちょっと慰められましたが。
最後に還る場所を思い浮かべるシーンとか。
公平に言えば、メイリンのことを一瞬気に掛けるシーンもちゃんと追加されてました。

勿論CPだけでなく、その他物議をかもした色々なシーン、ちゃんと補完されてますよ。さすが後藤先生。お疲れ様です。

ラストですが、FILEPLUSどおり、結局男組+ホーク姉妹の進路は不明。
「新たな導き手となった二人の少女の肩にかかっているといえよう」……って文章に、SEED世界の大人不在がどうにも理不尽で。
「だが、彼女らはもう、自らにかかる責任から逃げはしない」……そういえばラクスにとっても運命はそういう結末だったのだなぁと思いました。けどキラは側にいるっぽいですよね。いいなぁ(本音)。
THE EDGE PERTH16「残痕」
実は土曜には購入していたのですが、また製作者サイドのインタビューなどが載っていたりして、落ち着くのに時間が(笑)踊らされやすいです……

なんだかまた途中まで書いた記事が消えてしまったのでさらっと流します(u涙……不意打ちでくるんだものFC2)

カラー表紙は、傷つきながらも必死で何かを掴もうと空に手を伸ばす赤服アスラン。
「望む"未来"は未だ遠く……」

今回はAAで目覚めるシーンから、オーブ侵攻シンvsカガリの一歩手前までです。
この続きを読む
ジャンプ 17号
昨日から良い御天気ですね。
洗濯物も布団も良く乾くのですが、花粉が飛ぶのが困りものです。
……多分花粉だろうなぁ。ジムの中では大丈夫なので。

4/4から銀魂いよいよスタートです。
「じゃパン」の後番組になるのかな?出版社違うのに不思議だ。
この続きを読む
BLEACH220話「King & Hi`s Horse」
ちょっと昨日はばたばたしてまして一日遅れての感想です。


柱文字は「自由をよこせ……思うが儘に力を振るう自由を……」
一護vs一護 継続中~

ちなみに判明した制限時間は1時間前後。
この続きを読む
フィギュア世界選手権 エキシビション
遅ればせながら、村主選手、2位入賞おめでとうございます。しかも自己ベスト更新。中野選手も5位、恩田選手も11位ということで……来年の世界選手権・開催地東京では、女子は出場枠3人!凄い!見たいです……。
織田選手も4位、おめでとうございます。惜しかったですよね。
エキシビジョンで見られたからラッキーです。

番組全部きちっと見られたわけではないのですが、それでも楽しかったです!
試合用のきっちりしたプログラムも綺麗ですけれど、観客を楽しませてくれるエキシビション、大好きです。選手の表情も生き生きしてますしね。
スタンディングオベーションにアンコールのあった男子フリーほか金賞受賞者の演技もそれぞれ素適でしたけれど。
アイスダンス!が楽しかったです~4位かな?「パイレーツオブカリビアン」!
最初女子が海賊役、そして途中で御姫様へと衣装が早代わり!剣戟をメインとしたショーに御馴染みのリズミカルな曲で……実際私は映画を見ているし好きだったので、楽しさ倍増でした。
PSE規制……延長?
先日「ビンテージ」が規制外になったとニュースになったPSE
……規制の入らないレンタル扱いにして無償贈与の形をとるなどいろいろと手続きはあるようですが、全商品厳しいチェックは当面入らず、いわゆる執行猶予です。
まあこの期間に業者には頑張って対応してもらおうということですが、既に対応をしていた人には肩透かしかな。政府の方針に従ってマークを取得していたところも、逆に既に廃業を決めてた方もいましたものね。こんな結果にするならば早く結果出してあげてほしかったかも。

「安全な商品を」という目的は良かったんですが。
広告不足ってある意味職務怠慢でもありますよね。
誰でも陥りがちな「自分が知っていれば他人も知っている」ような意識が政府にはあったのでしょうか。
LaLa 5月号
最近毎月買ってしまってます。
付録は「お伽もよう綾にしき」の別冊漫画とホスト部のマウスパッド:西部劇バージョン。全員サービスは前月と同じく。
メディア関連の情報ではいよいよ始まるホスト部(身体ほっそいです)と獣王星(サードはハガレン映画・ハイデリヒでデビューの小栗旬でティズは同じくロゼの水樹奈々…やっと気が付きました。すごいな)。
4/5発売のコミックスはとりあえずホスト部8巻と……そろそろヴァンパイア騎士コミックを買ってしまうか悩み中。最近の枢さまの退廃的な雰囲気にどきどきなんですv

4/10発売のLaLaDXにはホスト部番外編とクラスターエッジ最終回…って早!最もコミックスはサイドストーリーだったから。ほかこちらで私が立ち読むのは夏目友人帳と飛べない魔女。

では本編。ホスト部と吸血鬼、遥かとペンギン、コルダについて続きにて。
この続きを読む
鋼の錬金術師 13巻
今回も裏背表紙にわっかのついた方かいなくて何よりです。
次の巻で王子様がどうなるか心配。
おまけ4コマの「ヨメシュウトメごっこ」は笑えます。ほんと。

今回私が買ったのは限定版トランプ付きでしたが、やはりケースは雑誌4月号の付録で手に入れないといけないようです。そういえば雑誌の付録の方でもケースだけでなくトランプが二枚だけついて来てました。私はハートのエース、マスタング大佐とダイヤのクイーンのランファンだったのですが、これは人によって違うのでしょうか?ランファンはともかく、大佐は本体でもハートのキングにいるのに。
ちなみにジョーカーはヨキと真理くんです。真理くんのジョーカーでババ抜きをするとかなりムカツキそうです(笑)コメントつき。


それでは内容の感想を続きにて。
この続きを読む
V.B.ローズ 6巻
今回の収録は文化祭話から誕生日パーティまで。
大体花とゆめ連載時にレビューをあげてしまっているので、ここでは改めて語りませんが、……が、やっばりストーリーよりもそこかしこの小物が気になってしまってました(笑)文化祭にいくあげはちゃんの髪型が可愛いです。やっぱり髪留めも「あげは」で。露さんはレトロクラシックで攻めてます。
この続きを読む
スポーツあれこれ
WBC決勝戦の最高視聴率はなんと関東で56%。
盛り上がりましたねv

オリンピックでもちょっと取り上げられましたが「参加することを楽しむ」個人のものというだけではなく、「国を代表して戦う」気概が、ここまで熱くなれた一つの要因かなとも思います。大リーグから駆けつけてきてくれたイチロー選手や大塚選手が決勝戦の最終回まで活躍した時には嬉しかったです。
……この感覚を良しとするかは人それぞれだと思いますけれど。個人主義の強い方や「日の丸」に拘る方もいらっしゃるでしょうし。
私はお祭り好きなので、所属する団体の為に皆で一つにまとまって盛り上がるの、大好きです。まあ毎日だと自分の時間がなくなって疲れちゃいますけれど(笑)

棚からぼた餅で準決勝進出が決まった夜、集まった日本代表メンバーに日本野
球機構からの代表者からこんな訴えがあったそうです。
「大リーグの独断専行の中、日本がこの大会の開催を支持したのは、国際舞台で、日本野球が最高なのだ、ということを証明してして欲しかったからです」
(3/22読売新聞21面より)
各選手の優勝コメントを見て納得。

WBCの興奮さめやらぬ中、フィギュア世界選手権では男子・織田選手が自由を控え2位と活躍のようですね。女子もB組で中野選手が2位。村主選手や恩田選手も出場するので、こちらも楽しみです。
でも男子の放映予定が見つからない(涙)部分だけではなく全部の演技が見たかったです。女子は放映するのに……。
ビンテージ認定
そろそろ締め切り間近のPSE問題
その中の一つに、いわゆる「ビンテージ」もの、今は生産されていない電子楽器や映像機器をどうするかという問題があったのですが……

1989年以前に生産中止となったものを「ビンテージ」認定しPSEマークの対象から外すことが決定されました。
週内に最終案ということですが、今のところ生産中止が90年代以降の「ヴィンテージ」製品でも、販売店などが申請し、必要と認められれば、マークなしで販売可にする方針で……

とりあえずよかったですね(^^)  
私はさほど耳は良くないのですが、やはりアンプなど音を出す媒体が違うと出せる音も全く違ってくるということで。専業の方には死活問題ですし、受け取る側にとっても素晴らしいものが消えてしまうのは惜しい。
映像機器にも同様のことが想像できます。
ちなみに今回「ビンテージ」認定されるのは音響機器・電子楽器・写真焼き付け機・写真引き伸ばし機・写真引き延ばし用ランプハウス・映写機など7点。
著作権法について
最近、著作権法について振り返る時間があったので少しだけ。

このブログは日記が主なので著作権云々はあまり関係ないかもしれません。
が、ただ著作物である記事雑誌漫画小説の感想などもあげている以上、特に文章を引用するときには頭の隅にひっかかります。(ちなみに本人の許可をとったものは「転載」)

では大元の著作権法から「引用」について抜き出してみると
第三十二条 公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。(平十一法二二○・2項一部改正、平十五法一一九・2項一部改正)

このままだと「公正な慣行」「引用の目的上正当な範囲内」などの基準が曖昧で判断しづらい。となると、判例などで補足されている筈。
ということで、関連団体のサイトを調べてみますと
社団法人情報処理学会様より「引用の条件」として
・引用して利用できる著作物は、公表されたものでなければならない。
・公正な慣行に合致した引用、たとえば論文において自分の説を正当づけるためなどの必要性がなければならない。
・正当な範囲内の引用でなければならない。正当な範囲とは、次のような場合である。  
  ・引用する個所がかぎかっこなどで明瞭に区別できること、  
  ・自分の論文が主であり引用が従であること、  
  ・引用元の著作者人格権を侵害しないこと。
  ・出所の明示をしなければならない。論文の場合であれば引用個所に注をつけ、近いところに著作者名、書名(題名)、雑誌名、ページを表示する必要がある。参考文献で参照しても、本文中の引用個所が特定できないときは、適法な引用とはいえない。

引用元と引用部分を明確にするという点については配慮の仕方もわかりやすいですし、引用元の著作者人格権を侵害しないことについては、礼儀を守ればと思いますが、
私にとっては「主と従」の問題が……好きなセリフや文章はついつい紹介したくて記事にまるまる載せているのですが、最近は度合いが激しすぎるので気をつけます。
あとは新聞記事。単なるデータや事実などは著作物の概念からは外れるので利用することは自由ですが、記事の文章自体には著作権法があります。言い回しなどを考えるのも、またその事実に対してある意味評価を下しているのも記者さんですから。
というわけで事件を紹介するために記事を引用する時も「主と従」の配慮は必要ですよね。
ちなみに法律や国などが作成する広報資料等の転載等は著作権の目的からはずれるので適用外。

つまりこの記事事態で言えば、引用文は法律なので著作権法は気にしなくて大丈夫、ということでしょうか。
WBC優勝。おめでとうございます。
旦那様がリアルで隣で見ていたのでなんとなく見てしまいました。
休日の昼間ということもあって、日本ではかなり視聴率良かったのではないでしょうか。
キューバ、強かったですよね……日本の圧倒的な勝利でなく、逆転の危機に最後まではらはらしながら観戦できた、いいゲームだったと思います。
メジャーから駆けつけたイチロー選手達の意気込みのためにも、あの場所で優勝できてよかった。準決勝進出、三度目の正直の韓国戦、今回は、運も味方してくれたと思います。
優勝後の王監督のコメントが印象深かったです。これから、ですね、本当に。
あと国際試合は初めてだったのですね。今まではこういう場面は長嶋監督が多かったのでしょうか?
海外初シャンパンおめでとう、イチロー選手。
松坂選手も、MVPおめでとうございます。
明日の一面が楽しみです!
花とゆめ 08号
ホスト部アニメ、4/4よりいよいよ放映開始。
火曜深夜。ムリかな……。
今号の100名プレゼントに、V.B.ローズのイメージフレグランス3種。
ちょっと食指が……

そんな花とゆめコミックス、今月のチェックはV.B.ローズ6巻。購入済みです。
3/25発売の別冊花とゆめでは、マイネリーベが最終回!
今連載中のネオロマゲーム原作としては早く終わりますね。結構この漫画設定の主人公が好きなので楽しみです。早くからお相手もわかっていたし。

フルバはようやく一段落のようですね。
そしてスキビが激しかったです。一体どうなってしまうのかどきどき。
ちょっと細かく続きにて……
この続きを読む
ジャンプ 16号
銀魂はいよいよ4/4放映ですね。
一回は見てみたいですv

今回の漫画はやはりなると!一山越えましたね……!
その他数点、感想を続きにて。
この続きを読む
BLEACH219話「Black&White3」
BLEACHDVD4巻の宣伝が。確か今回から5話収録のはずです。

そしてラジオCDも。一護と雨竜の曲収録だそうです。
最近の声優さんは歌も必須。



そして本編。今回の柱文字は。
内なる世界を揺るがす激震!!一護と一護、ともに卍解ー!!

というわけでバトル続行中でーす。
この続きを読む
ちょっとひさびさ
怒りのWDも気が付いたら迫っていた確定申告も乗り越え、昨日はひさびさ大都会に行って参りました。本がたくさん買えたし美味しいご飯も食べられて大満足でしたが……当日朝帰りした旦那様、不可抗力とはいえ連絡一本欲しかったっす(涙)。以前なら購入した本を読破するまでは寝るどころではなかったのですが、今回は帰宅して早々寝てしまいました。やはりもう年齢のせい(もがもが)

下界は既に春ですね~可愛い他人様の格好を見ると新しい服とか欲しくなるのですが、最近の小遣いは全て本代その他に化けてしまっております。女としてどうだろう。けど今は自分で稼いでいないのでそれ以上はつぎ込めないし。実は旦那様にパチンコ散財を責める度に自分をも追い詰めているのでした。


ジャンプ 15号
表紙のナルト君が版画みたいで迫力でした。
巻頭ゲーム宣伝ページにFFの宣伝が載っていたのですが……TXのキャラクター・モンブランとノンが可愛いvvv何か昔の玩具思いだすなぁ。

今回はアイシーほか数点のみの感想です。

この続きを読む
BLEACH218話「Dark Side of Universe」
ミュージカルDVD4/20
ということで宣伝に何枚も載ってるのですが、リアル、凄い。
賛否両論ありそうです。

一護の内面の戦い、続きにて。
柱文字は
「再び訪れた内なる世界。待ち受けるは虚ろなる片割れ。如何なる試練が!?」
この続きを読む
鋼の錬金術師 第57話「イシュヴァールの傷」
遅れて月曜日にゲットしました4月号。
付録はトランプ収納ケース。……コミックス特装版のトランプの?合わせて買わないと意味がないということでしょうか。商売上手だぞエニックス。
そして今号より前後編で「上海妖魔鬼怪」も連載。荒川先生大変です。
CDブックとあわせての連動企画なのかな。商売上(以下略)

ハガレン研究所では3/29「PREMIUMCOLLECTION」と

3/22「DJCD6」の宣伝が。


応募者全員サービスは「ハガレンステーショナリーセット」。
今号か次号の払込取扱票で600円振込。
エド頭のついたシャーペンとファスナーにアル頭のついた布製ペンケース。
……はっきり言ってキャラものを使いは恥ずかしい年齢なのですが、ぎりぎり微妙なラインのイラストです。

そして荒川弘イラスト集第二弾3/22発売。

あ、記念してのプレゼント100名テレカのイラストは、いつかの小説のラストを飾ったマフィア版リゼンブール三人組だvvvこのイラストは好きなので、発売いるか全プレがよかったです。

忘れるところでした。3/22コミックス13巻特装版も宣伝中。
月末のハガレンファンの懐が寂しくなるでしょう(笑)


そして本編は続きにて。ラストのリザさん!?にどどっきり。
この続きを読む
大河原遁「王様の仕立て屋」
はっきり言って薀蓄漫画です。
主題が日本では殆ど縁がないであろう「注文服」の世界だから、とても新鮮でわくわくします。

主役はイタリア・ナポリの泥棒市の片隅に済む日本人織部悠。
彼はかつてナポリ中の「究めし職人(サルト・フィニート)」から「ミケランジェロ」と賞された伝説の仕立て屋が唯一認めた弟子である……。

なんとも魅力的なこの設定。凄腕のこの男の実態が、飄々とした普通のお兄さんだからまた不思議。ナポリのマフィアから政界のドンまで頼まれる仕事は千差万別、ただ彼の職人としてのプライドは一歩も劣らず時には痛快に感じます。……こんなことをおおきく紹介してしまいましたが、ストーリー大半は無論コメディです、念のため。

一着数百万が当然の「注文服」の世界。……最初は法外にも思えるのですが、生地の選別からその注文服が要求するシチュエーションに対するデザイン、そして何度も何度も身体にあわせての縫合……一着にかける時間と情熱と技術、確かに値段だけはあります。
その代わり、「注文服」は大事に扱えば本当に長年着る事ができるのです。むしろそれを見込んでの品物。また自らの体のラインと生活の動きに合わせて創られているからこそ、着心地の良さは比べ物にならないのでしょう。
伝統技術って、あこがれますvvただ、日本の伝統技術同様、後継者不足と市場の不足は悩みの種のようで。
ちなみにテーマとなるのは服だけではなく、靴やベルトなど「注文」のものはいろいろ。御勉強になります。



ついでに9巻の感想をば。
この続きを読む
中野香織「服を巡るゴシップ」
3/10の日経「モードの方程式」より。

イギリスのチャールズ皇太子が20年前、自らの注目服として老舗のテイラーではなくサヴィル・ロウではは新参者の「アンダーソン&シェパード」を選び、今また「ターンブル・アッサー」で注文服の半分以下である既製服を買うようになったというたわいないゴシップを面白おかしく紹介しています。

……いや、確かに服装は個人の自由だけれど、スーツが看板のようなイギリス紳士の国で国の代表が既製服ってなんだか寂しいというかわびしいというか、そんな気持ちがします。
国の産業の一つだから、推奨するかと思いきや。


「ゴシップ(gossip)とは、元来神(God)のもとの親族(sib)こと名付け親(Godsibb)が重要な役割を置いた洗礼式において、出席者の間で交わされた噂話の事である。
他愛無い話を分かち合う事で親族の絆を深める手段が元祖ゴシップだった。」
なんて薀蓄で占める辺り、面白い記事を書かれる方だなぁと思いました。気の抜けた感じ、まさにゴシップ。

ちなみに
この続きを読む
なるほど知図帳~知れば知るほど新発県シリーズ
なるほど知図帳の日本版、世界版は有名ですが、終にでました都道府県版。
ガイドブックとロードマップが一冊になったこのシリーズ。
ものすごくお勧めです。


地元の県を購入して観たのですが、トピックスとしての一つに最近行われた合併地図まで収録されているのを皮切りに、名所や産物といったよくあるガイドブックの内容ばかりでなく、歴史、自然、文化・芸術・スポーツ、交通・産業、民族・行事、そして解体新書としてのデータ一覧などまさにその県を学ぶことの出来る一冊。個人的には雑学クイズの中の「方言クイズ」が面白かったです。私も知らないものがある……。

旅行などで他都道府県に訪れる際は、ガイドブック代わりに読んでみても面白いのではないでしょうか?

公式→http://www.mapple.net/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。