漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
幻想水滸伝5
プレイ中です……。

一日7時間近くやって現在15時間。
こんなにぶっ通しでゲームをするのははじめてかもしれません。
しかしRPGはぶっ通しが向いていると思います。
だって時間が空くとMAPが頭から飛んでしまうんですよ(涙)

無謀にも攻略資料なしでプレイしているので、
間違ったルートに行くんじゃないかとどきどきです。でも楽しい。

新しい町にたどり着くと真っ先に行うのが家捜しです。
民家だろうが修羅場中であろうが隅から隅まで巡り歩いて宝箱を探します。
幻想水滸伝の場合はどんなところに仲間がいるのかわからないので、仲間探しも兼ねています。普通の民家の二階や裏庭や、はたまたダンジョンの地下室まで潜んでいるので油断がなりません。イベントが進むと入れなくなったりする可能性も高いので、最初に入った時に隈なく探しておきます。

なんていうか、強盗団みたい……人様の私物を勝手に持ってくわけだし……と思わないでもないので、あまりキャラクターがリアルで無い方が好きです。

ちなみに15時間プレイして未だに本拠地が手に入らないのは、この家捜しに時間がかかっている為かと思われます。ダンジョンも全ての道を隈なく探していますし。あ、あとフィールドで迷子になったり(爆)全体地図が欲しい。

ちなみに攻略資料なしでプレイしたのに後悔した事もあります。
最大のポイントは、主人公の名前が108星の一人と同じ名前でした。しかも初期メンバー。しかも裏切りそう……。普段は「王子」呼ばわりなので気にならないんですが、戦闘時はちょっと混乱。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。