漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
そういえば
明日以降ちょっと13日までお休みします。
旅行です。台風が逸れてくれるかちょっと心配。
そして今日一人で東京まで遊びに言った挙句、帰宅して今度はパチンコに行った旦那様にちょっと爆発。
しかも前借。昨日もパチンコで帰宅12時前。うーん……まだまだ私は甘いのでしょうか。



………
ブログの管理者機能にユーザータグがついていたのですが、いまいち使い方の有効性がわかりません。他のユーザーさんと繋がってしまうのはまだちょっと怖いような。

スポンサーサイト
保険のおばさん
若い頃って保険の必要はあまり考えない方が多いんじゃないでしょうか?
(我ながら年のばれる書き出しだ……)
自発的にではなく、身内や知り合いに頼まれて付き合いで入る方、日本では割といらっしゃるんじゃないでしょうか?……事の真偽はともかく、私はそうでした(無駄に太文字)。

親戚に一人勧誘のおばさんがいて、私が就職するや否や早速来訪。
……社会人になったことだし、まあ一つくらいは自分でもと私も考えていたので(確定申告で使えるし!だけではなく)、契約しました。身内の叔母さんなので若い私の事を考えたのか、積立メインの保険を選んでくれたのも理由の一つです。30半ばでちょっとまとまった金額が入るくらいが美味しいかなと。

結婚した後、今度は義母の知人だという保険の勧誘のおばさんが職場にやってきました(……義母が教えたらしいんですが、正直困惑しました。仕事場は辞めて欲しかった)。
旦那様と私が契約している保険を、積立100円単位の保障メイン(特に死亡保障)のものに変えないかという事で、新婚当初の初々しかった(ぶぶ)私は無下に断れず、言われるがままにサイン。まあ結婚したからには御互いの人生に責任があるわけですし、特に旦那様の保障は高くないと困りますしね。

数年前たった一人の弟が保険会社に就職し、その祝いにと私も一つ契約。こちらは全額掛け捨てで金額抑え目、保障は保障でも入院保障メインです。
何ヶ月後に退職したら私が以前から契約していた死亡保障メインのものを解約すれば、収入は減るけれどやっていけるかな、と思っておりました。

去年のうちに解約するつもりがずるずるときてしまって、子供が生まれる前にはちゃんとしておかないと、と解約の申し込みをしたら、即保険のおばさんから数年ぶりに連絡がきました。この電話がちょっと凄かった。
「無理にとは言わないんですけれどね、」
契約内容を少し変えて継続しないかというお誘い。
身内が保険会社に勤めたからで、そちらに不手際があったわけでもないのに申し訳ないですけれど、というと
「無理にとは言わないんですけれどね、」
今はこんなにいい利率の保険はないから勿体無いでよというお話。
でも私が退職したからにはこれ以上の支出は無理ですし、と続けると
「無理にとはいわないんですけれどね、」
……ええ、死亡保障もいいのは知ってますし、利率がいいと言われますが、
内心でも積立部分が少ないから保険増やすよりも普通に貯金した方がとか思いつつ、
「主人の保険の方はそのままお願いしますから」←なぜか下手
「……無理にとは言わないんですけれどね、でもやっぱり」
エンドレス。
………
「…それで、どうなさいます?」
「解約します(きっぱり)」
「では書類を送りますので」
勝った。←何かが違う。
しかし保険の勧誘員はこのくらい強引でないとやっていけないんだな。押しが強いのにあたりはやわらかい。すごいなぁ、うちの弟大丈夫かなぁ。
などと暢気に考えていたら、今どこに住んでいるのか訊かれまして。
書類の郵送先かな(しかし転送サービスがあるので大丈夫なのですが)と市の名前を答えると
「そういえばお子さんは?」
「……もうすぐです」

なんで知っているのーーーー!!!
お義母さん!?お義母さんだよね?お義母さんの知り合いだし!
子供が生まれるなんていったら、これを機会にまた保険を一つ勧誘しに来ること間違いなし。←偏見?
「そのうちしばらく実家に帰ろうかと思っています」
私は留守にします、来てもいませんよ、との牽制をかけていうと、
「いつくらいに帰るの?」
「まだはっきりしないんですが、多分年明けには」
「あら雪が大変ねぇ」
………
「そちらの方にもそのうち御邪魔させていただくわね」
来る気満々ですよ!

これが、自分の身内だったら(例えば弟なら)きっぱり断れるんですが、義母の知人という微妙な立場から無下にできないんですよね。
しかし支払いはこちら。
現在、私はこの掛け捨て保険+就職先で入った個人年金保険(将来の年金制度が不安でこちらは捨てられない)。
旦那様はこちらの保険(結構高い)+農協の保険(義父の付き合い)
これ以上は保険貧乏になります。
子供が生まれてある程度大きくなったら考えてはいますけれど、小さいうちは子供の医療費って安いんですよね、無理に保険つけなくても。旦那様も今の保険で十分ですし。……というより一回も保険使ったことないや…まあ健康が一番ですし、必要なのはこれからですよね。

出産費用に保険どころか健康保険がきかないのは痛いです、せめて分娩費用ぐらい……少子化の一端を担っているんじゃないかと思いますよ。「ひよこくらぶ」によると平均入院費用だけで40万円ですって。

保険を数多く契約できるのって、それを税金計算上の経費にできる経営者の方くらいじゃないかと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。