漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
コードギアス17話
ネタバレを見てしまっていたのでちょっと衝撃度は薄いですが。
来ましたね、二人の決別。
(スザクはまだわかっていないですが)
今回の挿入歌については、微妙に感じた派です。

カレンの影がどんどん薄くなる(涙)
しかし!19話でカレンとスザクが、アスカガ好きとしては反応したくなるようなしシチュになるらしい、との話も聞きましたので期待してます。

次回総集編ですか。
タイミング的には上手いと思いますが、こうも頻繁に総集編ていらないような……。
この続きを読む
スポンサーサイト
キャット・マーティン 花嫁の首飾り三部作
手にした悪人は恐ろしい惨劇に見舞われ、善人はすばらしい幸運に見舞われるという伝説の「花嫁の首飾り」の所有者の恋の物語。

ヒーローのコード、イーサン、ラファエルは親友同士。
ヒロインのビクトリア、グレースは親友同士。グレースとラファエルは仲のよい友人。
ビクトリアからグレースへ、グレースからラファエルへ、ラファエルから彼のヒロインダニエルへ、「首飾り」の持ち主が変わる度にその持ち主の恋をまとめていきます。

ヒーローは誰もヒロインと出会ってからは一様に誠実で、しかもイギリス貴族らしく紳士。ヒロインも守られるだけのお嬢様でないのが美味しい。ちなみに一作目が一番お気に入り。妹を守ろうと必死なトーリィが、彼女の仕掛ける罠の上手をとって結婚
また恋愛問題だけでない事件が必ず起きるのが、私が特に気に入った理由の一つです。また三作とも一定のパターンをきっちり踏んでいて、しかも全く別の展開を見せるのが上手い。
他作品が出たら読んでみたいと思わせる作者さんでした。


小道具である「首飾り」の使い方も上手いです。
それ自体の盗難などによりCP間に波紋を起こしてみせる他、「善人か悪人か」との試金石ともいえるでしょう、ヒロインは毎回ヒーローに「嘘」をつくのです。抗うヒロインをヒーローが強引に結婚までこぎつけても(お互い惹かれあいながらも信じあってはいない状態で)、その嘘が最後までカップルの障害の原因となっています。しかしその嘘を乗り越えたとき、二人は真に心から結ばれ、最後の事件の山を乗り越えていくことができます。ちなみにラストではそれぞれ可愛い赤ちゃんを授かることに。

時間軸は一定なので次作になれば前回のCPが登場ししかも活躍するのがシリーズものとして美味しいところ。
ハーレクイン
ここ半年ほどハーレクインに挑戦しています。
自分の前予想通り、はまったのはヒストリカル=長編・時代物です。特にイギリスを舞台にして、公爵やら伯爵令嬢やら貴族のばんばん出てくる身分社会ものはいいですね。

ハーレクインの特色はなんといってもヒロインと、そして魅力たっぷりなヒーローの恋愛なのですが、
もうひとつの特色はそのカップルの性描写かな、と思います。
注:自分は成人です。
個人的には読み飛ばしていますが(笑)
ハーレクインの作者は外国の方なのですが、感覚が違うのか翻訳なので表現手法の違いなのか。直接的というかパワフルです。魅力を感じる男性の部分も流石オトナのオンナという感じ。

こういう描写にも情緒が欲しいな、と思ってしまうのは日本人だからでしょうか。
少ない知識の中から思い出すのは「日本の歌詞は誌的というか、婉曲」という韓国の歌手の方のコメント。日本の曲を韓国語で歌っているのですが、歌詞ががらりと変わっていました。他の国ではもっとストレートな表現が受けるようですね。

何作か読んだ中でのお気に入りを、次にあげてみたいと思います。
青木祐子「ヴィトクリアン・ローズ・テーラー あなたに眠る花の香」
こちらも雑誌Cobalt2007 2月号掲載作品。

斬新さはないのですが、全体的に優しく読後感のよい(ハッピーエンドですよ!)作品です。好き。この作品に漂う雰囲気は、そのまま私が主人公クリスに抱いているイメージでもあります。

今回のドレスの依頼主は中流階級の下の、ポプリ作りの好きな女の子。美人で優しい母と家族想いの父と遠くの学校に通う兄との4人家族。
「明日への切符」のあとがきにあったように、黒のドレスはでてこない、平和なお話です。

過去の恋と現在の恋とが錯綜した、なんとも幻想的で優しいお話。
年齢不詳の彼ですが、最初は結末どおりかなと思っていたのですが、読んでいるうちに文章に引き込まれて幻想のように感じてしまっていました。
このお話のクリスは身分の差に悩むというより、恋に気づいたばかりの初々しさがあって可愛いです。今回のヒロインも似た感じの優しい女の子で、ちょっと母親とのやりとりもじんときます。クリスと彼女の交流も、肩肘張らずにほのぼのしていていいですね。
谷 瑞穂「伯爵と妖精 紳士の射止めかた教えます」
Cobalt 2007 2月号掲載の短編です。

ピカデリーにあるコーヒーハウス「ナイチンゲール館」には、小夜鳴き鳥の歌声が聞こえてくるという不思議な絵がある。

そのナイチンゲールの妖精が今回のリディアの依頼主。
エドガーはナイチンゲール館の常連。
この続きを読む
コードギアス16話
これが噂のコーディネー○ー疑惑!?

ルルとスザクの(+ナナリー)クローズアップの回でした。
あとは前回の落とし前というか決着、かな。

相変わらず先が読めなくて面白いのですが、
カレンお願いしますっ(だからキャラ萌はやめれ)
この続きを読む
活字倶楽部2006冬


購入するのも久しぶり(笑)子育て中には雑誌がいいです。特に一度読み始めたら結末を知るまで落ち着かない私のような人種には。

2006ベストブック、ということで毎年恒例63人の作家コメント付き。
……前年の自分の記事を読んだところ、田中先生の2番のコメントが続きもののようで面白い。"……狂乱選挙の毒が社会全体に回っていますね。致死性なのか、少しは回復するのか……"抜き出してみてしまいました。個人的には阿部さんの就任には異論があった方ですが、騒動続きに同情する面も。総理大臣として捉えない場合、ですけれどね。
他一年の総まとめなお役立ち号です。
そういえば次号は青木祐子先生のヴィクトリアンローズテーラーの特集あり。これも入手したいなぁ。

以下私用メモ。
ブログのパスを簡単にしたので携帯からちょこちょこ追加していきたいと思います。
この続きを読む
コードギアス15話
マオ!?

……と思っていたらネタバレ読んで非常に拍子抜けというか、
でもやっぱり結末は一緒なのか……

とにかく存在も強烈ながら彼が起こした問題提起も強烈でした。
C.C.とギアスの問題としても、ルルの抱えた問題としても。
この続きを読む
コードギアス14話
あう。時間が経ってしまって記憶が……
とにかくルルシャリ
めいっぱいルルシャリでしたよ。

個人的にはカレンというキャラクタがお気に入りで、
彼女が絡むのがゼロ=ルルなので。ルルシャリは圏外だったのですが、
切なかったです……。
こくんなに胸に来たのはカレンちゃん話以来です。
EDへのもっていき方もぐっど。なんとなくハガレンのヒューズさんの回を思い出しました。

あと忘れてはいけない、マオ。
キャラが濃くて強烈でした、草尾さん凄い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。