漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
桜庭一樹読書日記


タイトルどおり、桜庭一樹の日記です。
日々のあれこれに加えて自分で購入したり、紹介されたり、合間には読書談義を戦わせたりしつつも、常に読む、読む、読む、いつでもどこでもジャンルは正に帯の説明どおり縦横無尽に日々何冊も読みまくっている。正に活字中毒理想の日々。うらやましい限りです。

……いえ、ちゃんと執筆活動されているんですけれどね(笑)産みの苦しみというか、請われて新しい作品世界を作り上げるとき、彼女は一切の活字を断ち、ロックをひたすらききまくる。
時折出てくる担当さんたちの読書家ぶりも半端ではなく、と思っていたら、数百倍の倍率をかいくぐってきたミステリ・エリートみたいな評価があって納得。就職には難関だ。
漫画も好きなかただけあって、文体がしんみり入ってきたのでこの記事を更新している最中、思いつく文章が全て桜庭調に(笑)
ああわかるわかる!と思った節、「人にお勧め本を聞ききまくる」理由について。自分の好みだけだとそこで偏って完結して世界が終わってしまう、確かにそうだ。新しい出会いは常に欲しい!かといって逆に流行の本ばかりだと均一的なのっぺり顔に、というのもそうだ。マニアックなところも譲ってはいけないの。

とにかく紹介されている本の数が半端じゃないので、興味を引いたものだけ以下に抜き出していきたいのですが、挫折しそうです。
機会があったらアマゾンで購入したい。
この続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。