漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
秋山瑞人「DRAGONBUSTER」
試しに読んでみた電撃文庫三冊目。

中華ファンタジー。
十八皇女月華は、言愚(賎民)の涼狐の剣に惹かれ、自ら剣を習い始める。

まとめてみればこんなところかも。
まだまだ序章というところですね。天賦の才の片鱗を見せ始めた月華と、只管隠してきた剣の腕が白日にさらされようとしている涼弧。国事情も動きそうですし。
ということで評価としてはなんともいえないです。

個人的には月華のお目付け役のおじいさん・群狗がお気に入り。
月華と並んで祖父と孫に見えるあたり萌える。


スポンサーサイト
志倉凍砂「狼と香辛料」
若手の行商人ロレンスと、長い間守護した地を追われ北の故国へと向かう美少女(耳と尻尾つき)の姿をした狼神ホロの旅の話。


電撃文庫は普段殆ど買わないので、作風が良く分からないのですが。
これはちょっとホロが戦ったりもしていますが、メインは行商の方ですよね。
なかなか新鮮でよかったです。

でも地味かも(笑)
商売に興味がある方はもっと楽しめるかもしれませんね。

多崎礼「煌夜祭」
王の島イズーを中心に、十八の島からなる世界。
その世界を巡り、話を集め、各地に伝え歩くのを生業とする「語り部」たちがいた。
いつからか、冬至の夜には当主の館に集い夜を通して話をする……煌夜祭が慣わしとなった。

ある冬至の夜、廃墟となった当主の館に、二人だけ集まった語り部が「魔物」の物語を、「煌夜祭」を始めた……


やられた。
ミステリとしても、ストーリーとしても、感動しました。
哀しいけれど、ハッピーエンドですよ。
日本語を上手く使ったミステリだなぁと思いました。見事に騙されました。
語り部の話が一つ終わるたびに、世界の謎が新たになり、その中で一つの事件が起き、終わり、そして未来へ続いていく。
これは「魔物」の物語です。そして、恋愛の、友情の、家族愛の物語です。


この続きを読む
いわなぎ一葉「約束の柱、落日の女王」
孤立した若きシュラトス女王クリムエラの元に突然現れたカルロと名乗る男。
実は彼は未来の世界から挫折してやってきたのだった。最初は未来へ帰るための手段だったはずだが、次第に……




もう一押し
設定と結末は凄く好みだったのですが、……
この続きを読む
夢枕獏「月の王」
古代インドが舞台。
剛毅で退屈嫌いの王子・アーモンと従者ヴァシタの、魔物遭遇冒険譚連作。

舞台設定のためか、性描写が異質なのと(行為があるわけではありませんが)、ばんばん人が亡くなるのがちょっと、な一冊。
表題作なんかいいと思ったんですけれど、↑がなければ……。

こうしてみると私の許容範囲って意外と狭いのかも。
中学のときに菊池秀行に出会った衝撃に似ている……。あ、菊池秀行好きですよ、未だに流してしまう部分もありますが(それでも読んだといえるのか)

加門七海「オワスレモノ」
基本、私はグロも駄目ですがホラーも苦手です。ハッピーエンド主義なので。
それでも手にとってしまうときがあるのは、美や愛を感じてしまう作品もあるから。

たとえばこの短編集の中では、「二十九日のアパート」は大好きです。かなり好き。
幽霊が出てくるからって、怖い話ばかりとは限らないんですよね。
「雪」もまあ好き。
後はほんと駄目でした……。



この本をどう扱うべきか……
小川洋子「ブラフマンの埋葬」
「創作者の家」という色々な芸術家の仕事場施設の管理人を勤める「僕」と、生き物「ブラフマン」の出会いと別れ。

……「埋葬」って言葉から覚悟をしておくべきだったんですけれど、それでもこの分かれ方は哀しい。
ペットを持つ方は実感してしまうんじゃないでしょうか。

作者が書きたかった主題は別なのでしょうけれど。

母が拾った子猫が亡くなったばかりだったので、なんだかこちらに囚われてしまいました。
もっといろいろしてあげればよかった……



メアリアン・カーリー「闇の城、風の魔法」
田舎町の高校一年のケイトは、魔女である祖母の血を継いでいて、疎まれがち。
クラスに転校してきたハンサムな少年・ジャロードに不思議な力があることに気づいたケイト。やがて彼の周囲に不幸な出来事がつづき、ケイトの祖母はそれを血筋にかけられた呪いのためだと看破する。ケイトとジャロードはその呪いをとくために過去へとぶことになり……

つめが甘いと感じました。
物足りない……設定も心理描写もストーリーも、もちょっと何かほしかったなぁ。こちらでいうところの少女小説と考えればOKなんでしょうけれど。

北山猛邦「少年検閲官」
「「クロック城」殺人事件」が有名なのではないかと思われる作家さん。
初読です。

「何人も書物の類を所有してはならない。もしもそれらを隠し持っていることが判明すれば、隠し場所もろともすべてが灰にされる」
という舞台設定に惹かれて入手。
……が、思っていたのと違った、というのが私の感想です。

この続きを読む
海野つなみ「回転銀河」
作者が「いろんな人たちのいろんな愛情」がテーマというだけあって、色々な立場の恋愛が描かれている短編集。人物に共通性があります。
第一巻では、血縁、同性などいきなりヘビーな問題を、でもさらりとハッピーに描いています。



シリーズ続刊しているようですが、他にどんな恋愛の形を描いているかは気になるところ。
船戸明里「アンダーザローズ2」
といわけで二巻。
グレースの事件に関しては意外とこの巻で決着。
ネタバレちょっとありの感想は続きにて。

次に「春の賛歌」編がスタート。
主人公はレイチェル・ブレナン、新しくロウランド伯爵家にやってきた家庭教師。弟の治療費のためどうしても職を得たかったのに、その美貌のためにいつも採用を断られ、もしくは牧師の娘としての倫理観とは反する行為を強要されそうになったり……。やっと採用されたロウランドではなかなか子供たちに打ち解けてもらえず、特に次男のウィリアムにはことさら冷ややかな目で見られるのだった……

第一章冬の物語で、「父にで母に常に付き添う」以外、本心を見せようとしなかったウィリアム、策士な彼がこれからどんな顔を見せていくのか、今から楽しみです。


この続きを読む
船戸明里「アンダーザローズ」
こちらもヴィクトリア朝。
没落した公爵家の娘・ライナスが愛人ロウランド伯爵家で墜落死。息子ライナスは弟ロレンスと共に伯爵家へひきとられることになるが、そこからライナスの犯人探しが始まった……

こちらは愛人だ腹違いの兄弟だ身分がなんだとこちらはもう少しリアル。
ライナスの犯人探しがメインとなるのですが、光と影の画面構成が雰囲気があっていいなぁと思いました。追い詰められていくライナスの心理描写がぐっとくる。




続きは絶対入手します!
巻末に伯爵のもう一人の愛人・マーガレットさんのおまけ漫画あり。
この続きを読む
桂明日香「螺子とランタン」
時はヴィクトリア朝時代、ニデルは男爵の妾腹として生まれ、がために貴族に反感を持ちいつか学力で爵位をとる野心をもっていた。
そんな彼が教授の紹介で家庭教師として教えることになったのが、両親が亡くなり若くして女公爵となった少女・ココ10歳。

ココの純真さと、野心家と自身をいいつつしっかりココにほだされて甘いニデルの関係にやにや。
他登場人物も基本的に優しくて、リアルは違うだろうと想いつつも読後感はよかったです。

この方の絵も凄く特徴があって、個人的にはやはりもうちょっとだけすっきりした方が好みなんですけれど、この話は時代が時代だけあってフリルやドレスぱかりなのでかえって味が出る印象。
続巻があれば是非読んでみたいです


佐原ミズ「パス走る。」
バスの停留所を舞台にした恋愛もの短編集。
切なくて甘酸っぱいです……。中央に挟まれている総カラーの「ダドレアの路」が一番重い御伽噺ですが、他は現代物です。

絵柄がすごく特徴的な作家さんですね。一歩間違えるとごちゃごちゃして見辛くなるのですが、その正に一歩手前の感じ。話の淡々としたトーンとあいまって、好きです。


曙はる「キラキラ・アキラ」
万能助っ人少女・皆の人気者美波アキラとちょっと太めの癒し系で家庭科部所属の男の子・林桃太郎はアパートの上下階に住む幼馴染。
お年頃になって美波が人気者であるのを意識するようになった桃太郎ですが、いつもどおり押せ押せのアキラの行動で結局はなかよし。

ほのぼのらぶらぶ四こまでしたv
……いやもう君らそれ付き合っているのと一緒や……

神仙寺 瑛「動物のおしゃべり」
動物語の話せる幼稚園児・ミカちゃん五歳と、高校一年生のお兄ちゃん十五歳、そして兄妹のペットミカちゃんの秋田犬タローとお兄ちゃんラブ猫サクラを中心とした四こま集。

擬人化された動物たちと五歳にして達観しているミカちゃん、に振り回される常識人のお兄ちゃんとが面白い。タローとサクラを中心に美人化ばっかりで麗しいです。一面、美人女優の可愛がるペットは……なんてのも。
個人的にはカラス一族とカエルの翁がお気に入りでした。


むんこ「らいか・デイズ」
四こま漫画です。

主人公は花丸小学校6年2組春菜来華。児童会会長で学級委員長で裏番長(笑)とにかくになんでもこなせてしまうスーパーガール。唯一の苦手分野は恋話。担任の変わりに授業をこなしたり質問を聞いたり……ってこの子学校に通っても勉強面ではあまり得るものはないんじゃなかろうか。
…が、頼まれると断れないだけで本人は時代劇好きでカレーは甘口しか食べられないような純朴少女。
なので超人振りにもいやみがなくて可愛いです。

個人的には続きも読んでみたいなぁというほのぼの四こま集でした。



椎橋寛「ぬらりひょんの孫」
ジャンプの新連載の中で注目の一冊。
現在も絶好調で、嬉しい限りです。

妖怪の総大将「ぬらりひょん」の孫リクオは、祖父の血を四分の一だけ受け継ぐ人間と妖怪のクォーター。
二代目亡き後現当主に戻った祖父の後を継ぐように言われているのだが……



ストーリーも王道でいいんですけれど、何より絵柄が魅力的です。
「妖怪もの」に相応しい重厚感とジャンプらしい軽さも良く出ていると思います。
コミックスカバーの下のおまけ漫画や、巻末ラストの番外編がつくサービスも嬉しいですね。ジャンプはスケジュールきついせいかなかなかこういうおまけをつける方、少ない気がするので。



ストーリーは……
この続きを読む
渡瀬遊宇「絶対彼氏。」全二巻
同作者の「ふしぎ遊戯」のファンだったんですが、他は「思春期未満お断り」くらいで、アニメ化されたという「妖しのセレス」は読んでいませんでした。
最近「絶対彼氏。」がドラマ化したので懐かしくなり、文庫版入手してみました。

なんか違う~とか思っていたら、人物の名前とロボット設定しか合っていなかった……
これ、ドラマ観て原作入手した人、かなりびっくりしたのでは。




個人的には学園ラブコメ設定の原作の方が好き。
ドラマのもこみちくんは格好良かったですが、パティシェ設定にあまり魅力を感じなかったので。
中山星香「妖精国の騎士Ballad」
いつの間に完結していたんだろう……(涙)
文庫版の26巻の触りあたりまでは読んだ覚えがあるので、本当に凄い勢いで完結したんですね。
ここで紹介するのはその「駆け足」のために作者が描けなかった部分の後日談エピソード集です。




シリーズ追いかけていた人にはたまらないエピソードです。
まさにファンのための一冊。
この後はどんな作品を始めるのでしょうか。やっぱり花冠に期待してます。
この続きを読む
おがきちか「Landreaall」
異世界FT。
歌う町エカリープの兄DX妹イオンと付き人六甲の旅のきっかけと初期。

一巻だけではまだ世界のほんの触りというところだけれど、それでも少し見えてくるものはある。一応。
何せ説明が殆どないので、事情は推測するしかないんです。すっきりした絵柄とあいまってそれも魅力かも。……つまりなんだかさっぱり分からない事だらけだけれど、読んでみたい。
魔法も拳法もドラゴンも忍術も出てきますFT。
巻末にそもそものきっかけとなった二十年前の事件が乗っていて、やっと事情が少し分かったくらい。さくさく読めるので、以下続いて読んでしまいたいところ。


こがわみさき「陽だまりのピニュ」
ぽわぽわ優しいお話でした。

ある日突然湊の元にやってきた美少女・ピニュ。
かつて湊の祖父が旅した小さなチパルル王国のお姫様。湊の祖父が初恋の人だという母より日本の話をたくさん聞いて焦がれるようになったピニュは王国を飛び出してやってきたのだ。
留学生として湊のクラスに落ち着いたピニュと周囲の人々のほのぼの騒動。



ピニュ自身だけでなくクラスメイトも友達もピニュの国の人も皆優しい。
なのでいろいろトラブルが起こるにしろ、殆ど悪意が介在しない。
そういう意味では真綿で包んだ陽だまりのような作品ですね。和む~
皆川亮二「PEACE MAKER」


うん、面白かった
可もなく不可もなく流石皆川亮二という感じです。

西部時代?ガンマン同士の「決闘」が盛り上がる時代。
主人公ホープ・エマーソンはひょんなことからフィリップ・クリムゾンの抱える深紅の処刑人に追われる少女ニコラと行動を共にすることになった。ホープは伝説のガンマン、ピース・エマーソンの息子。兄・コールを探す旅をしている。父仕込みの銃の技で追っ手を倒しつつ。旅は続く……

というところでしょうか。
ニコラは何故追われているのか、コールに何が起こったのか、が作品の一番の謎ですね。
この続きを読む
入江亜季「群青学舎」
「学校」を舞台にした短編集。
主人公も舞台も年代もテーマも全然カンケイなし。
話の中に「学校」が出てくる点しか共通点が見つからない。少なくとも私は見つけられませんでした。「森へ」にいたっては学校すらないんじゃないかな。
そのくらいのカオスっぷりで、よりとりみどりのびっくり玉手箱のよう。
きっと一つはぴったりの作品があるんじゃないでしょうか。
個人的にはFT設定の「花と騎士」が一番好きvvいやー、美味しい設定です。


嘘つきは姫君のはじまり ひみつの乳兄弟
氷室京子の平安モノの好きな方必見!
とどこかの読書ブログで拝見していそいそと入手。
読んで納得。
可愛い平安朝ミステリでしたvv

没落貴族・馨子の乳姉妹・宮子。
美しく聡明ながら破天荒な馨子に振り回されつつ、主従共に親に先立たれ稼ぎ手の大人な居ない荒れ屋敷で、幼馴染の真幸と共になんとか生計を立て、楽しく暮らしていた。
実は父親の分からなかった馨子の父は、実は名門・九条家だったことが発覚。
九条家の行方知れずになった姫君の代わりに引き取られることになり……


楽しかったですvv
平安の小道具をちゃんと上手く使いつつも、登場人物は現代風にアレンジした、政治の陰謀アリの平安朝ラブコメミステリ。
そのあたり氷室さんを髣髴とさせて懐かしくも楽しませていただきました。
次回作が楽しみなシリーズです。
……シリーズ名、最近長くなりすぎてませんか?コバルト文庫……
何といっても、純真で素直な気性の主人公・宮子とは正反対の馨子の個性が強烈です。
この続きを読む
嬉野君「パートタイム・ナニー」
時給五千円につられてティッシュ配りのチラシにあった「外国人家庭の坊の乳母」に応募した高校生・剛。
めでたく合格してみれば、その「坊」とは、剛より一つ年上の通称バブー・ウェリントン。
超トラブルメーカーだった……



人物紹介が見事に男性だけだったので、うっかりBLものを買ってしまったかと思いました(笑)
なんというか、ジェットコースター
面白かった~
次から次へと現れる異常事態と「ウェリントン」の設定に、大いに楽しませていただきました。
この勢い、マル魔シリーズの一巻と似ています。
ただ、あちらは丸ごと異世界に飛ばされたのに対して、こちらはあくまで現代日本の下町がメインなのと、主人公の落ち着きっぷりからあそこまではじけていませんし、まあそもそも作風違いますし。
紹介したいけれど、ネタバレになるので難しい。
二巻目以降も期待です。
この続きを読む
シャンナ・スウェンドソン「ニューヨークの魔法使い」
㈱魔法製作所シリーズ一作目。
突然株式会社MSIにヘッドハンティングされた主人公は、テキサスの田舎から出てきて一年のごくごく普通のOL。
彼女がMSI=魔法製作会社に飛び込むまでと慣れるまでのお話。





魔法版「ブリジット・ジョーンズの日記」と裏表紙に紹介されているだけあって、まんまOL日記でした(笑)
てっきり魔法の方がメインになるかと思っていました。舞台を現代に移したFTかと。
意外でしたが楽しく読めましたv
いやぁ、外国のOLさんも日本とそんなに変わらないのですね。
この続きを読む
管浩江「永遠の森」
近未来、地球の軌道衛星上に浮かぶ巨大博物館「アフロディーテ」
学芸員たちは手術によって直接巨大なデータベースコンピューターに接続することによって、従来よりもはるかにたやすく分析鑑定を行っている。
各部署間の統括に当る「アポロン」のエース学芸員・新婚の田代はエリートとは名ばかり、今日も美の鑑定ではなく調停役に奔走している。



すごく良かったです。
おすすめ!!
身近な問題を扱うミステリものとして、私はいつも真先に加納朋子さんを思い浮かべるのですが、
こちらは美術品にまつわるミステリだけあって、すごく美しいお話です。
しかもSF設定なので、キラキラ倍増ですよ!?
短編連作ですが登場人物たちの時間の経過があるのはお約束、最後に主人公が芸術とは、とたどり着く答えがまた素敵でした。
いい本に出合えて幸せです。
活字倶楽部 08夏号


少女小説特集!
……との事だったのですが、私としては物足りない!あくまで紹介する特集です。
喬林知と毛利志生子のインタビュー。
詳細ガイドは「英国妖異譚」「彩雲国物語」「伯爵と妖精」「愛玩王子」「幻獣降臨譚」「炎の蜃気楼邂逅編」「真白き残響」「奇談シリーズ」「少年陰陽師」「三千世界の鵺を殺し」「マギの魔法使い」「珠華繚乱」「死神姫の再婚」「沙漠の国の物語」
うーん、このピックアップの基準は私とは違うなぁ。

他、特集に大人BL最前線、作家インタビューに仁木英之・加藤実秋、角川の新FTレーベル「銀のさじ」からあつのあつこ&荻原規子インタビュー、テーマ別ブックガイドは「屋敷」です。

個人的メモは以下続くにて。
この続きを読む
西澤保彦「七回死んだ男」
すっごく面白かったです。
初めての作者ですが、またこのタイプの作品を読んでみたい!



自分の意志にかかわらず突然一日を九回繰り返すタイムリープの能力を持った主人公。
ある日、そのタイムリープの一日に、祖父が殺されたから大変!
遺産の相続者を発表するはずだった祖父、集まった一族と関係者のうち、犯人は誰なのか、あと八回繰り返す一日のタイムリープの中で、主人公は最終的に祖父を守ることが出来るのか。

一見SF、一見ミステリ。
しかしこの話の醍醐味はどろどろ人増劇と見せかけたどたばたコメディにあると思います。

タイムリープ能力のため肉体年齢16歳ながら精神年齢30歳となった主人公の無気力達観ぶりも面白いし、その関係者の個性、恋愛騒動もいかにも人間くさくていい。悪人とか、毒々しさをかんじられないのは、達観してしまっている主人公が語り手のため、滑稽さが強調されているから。

後日談は事実関係を見るならばハッピーエンドとはいえないのに、彼ららしくて笑ってしまいました。
騒がしい日常はまた続くということで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。