漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガンダムSEEDCOMPLETEBEST
ネットオークションで購入しました。
……初回限定版で、OPEDの収録されているDVDが見たかったのです。

レンタルで見ていたときは、OPEDをゆっくり見る間がなかったのですが、続けて見ると、いろいろわかることが。
OPは4回曲がかわっているけれど……これはそれぞれの期毎にテーマをもたせたことを強調するため?らしいですが……アニメーションに大きな変化があったのはやはり前半と後半の境のときで、あとは使いまわしの画像が多いな。と。
EDも同様、前半後半で変わっているんですね。
初回限定版には、そのEDの一枚絵がそれぞれ入っているので、じっくり見ることができました。始めのEDはキラとカガリで始まってアスランとラクスで締めていました。ラストEDは、アスランとカガリで始まっていてキラとラクスで終わっていたんですね。
それを考えると、今の運命のラストEDで、シンで始まってアスランとキラで締めるのは、それなりに対応しているのかな……って、やっぱり順序が逆のような気が。
歌詞カードには、監督や主要4人の声優のインタビューも入っていたのですが、ちょっと考えたのが監督のインタビューの中での言葉。

アニメの曲はイメージを優先させなければいけないから、完成度が低い。
アニメのテーマソングは作品イメージと楽曲の完成度とヒット性、この3つの要素を抑えないといいものにはならない。
see-sawさんの作品は、従来のアニメファンが好きそうな、ガンダム本編の世界観に近すぎるイメージの曲だったので、「最初」不安だったこと(かなり略してます)

アニメが好きな私としては、その世界が近すぎるくらい一体化している方が、感動するんだけれど、商業作品としてはダメってことかな?

アーティストの皆さんのインタビューも載っていたのですが、ちゃんと思い入れをもって創ってくださっていて嬉しいし、参考になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。