漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クモ
ここ二週間ほど、運転席側のサイドミラーのところにクモが巣をはるんです。落としても、落としても……。

一応、毎日車出してるんだけれど。
キミそのうち車道に落ちる羽目になるぞ……
小虫を食べてくれることだけ考えれば、クモは決して嫌いではありません。
昼間の蜘蛛は、ちゃんと殺さずに逃がしてやりますよ。
が、虫自体は虫唾が走るほど苦手です。

かつて職場にゴキブリが異常発生した時、
上司の机の中に発見した7cmほどのゴキブリをティッシュで掴み取ろうとして大いにひかれてしまいましたが、
ゴキブリや害虫を発見すると、悲鳴をあげるより先に無言で排除にかかってしまいますが、
けっして私、虫が得意なんじゃありません。
自分のテリトリー内のどこかに潜んでいるのがガマンならないだけなんです。
私にしてみると、悲鳴上げて騒いでいられる方が、まだ余裕があると思います。
そんな騒いでいるうちに逃げられて、次に発見したのが自分の手の上だったとか、そういう方が怖いじゃないですか(ぶるぶるぶる)
そういう意味では、戸外で虫と遭遇する分には気にしません。
自分がその場を離れればいいんですものね。

この嫌悪感の元をただせば、5歳ぐらいの頃でしょうか。
応接間に、父が知り合いから頂いたという、タランチュラのホルマリン付けがありまして。(今から思い起こせばほんと趣味が悪い……でも、当時は流行っていたんでしょうね)
初めてそれを見た私は、何故か目が離せなくなり、
以来1週間ほど毎晩夢で蜘蛛に襲撃されたのでした。
庭で遊んでいる私の裸の腕を、何匹もの大きなタランチュラが這い上がってくる夢を……あんまり何度もみるので、感触まで覚えてしまいました。

爬虫類のがまだマシです。
蛙とか触るの、まだ大丈夫。大抵は人間にわざわざ近づきませんし。
「運転席側のバックミラー」修正。
随分動揺していたらしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。