漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ジャンプ33号
いちご100%

こう来るか!という感じで、よかったですー。
真中が西野に切り出したのはやはり別れ。
けれどその理由は、西野自身とそして多分多くの読者が予想したように、東城との恋愛のことではなく。

真剣に、映画の道を目指したいから。

先週、真中自身、東城の小説を読む事で、西野への恋愛感情が揺れ東城に気持ちが動いてしまったらどうしよう、とかなり悩みました。東城の小説の結末を読む事で、東城が真中をモデルに書いたであろう主人公がどの相手を選んだ知る事で、東城の気持ちを推し量ろうとしていました。

けれど実際読み終わってみれば、真中が気付いたのは自分の力量不足。

東城も、西野も、ちゃんと夢を形にしている。
自分の映画への情熱が、遊び半分であったことを痛感したのです。

よかったー、思わず思ってしまいました。
だって、主人公が全然成長しなかったら、意味がないと思うから。その点は。
いい男になれよ!ていう感じ。思われるのに、ふさわしいくらいの。

でも実際には、西野にとってみては、いろいろつらい思いをしてやっと両思いになれたばかりの真中と向こうの事情で別れるのはつらい。
「だから一緒に頑張っていこうよ」と言うも、真中の返事は 
「西野のそーゆーとこ、すごくいいと思う。
けど西野に甘えっぱなしじゃやっぱ夢はかなわないと思うし」
己を知ったね、真中。
ちゃんとフォローも入れるもいいですが、でも結局は意思は変わらないんですね……あんなに流されやすかったのに。受験も失敗し、土壇場になって性根がすわった感じです。この後の会話がまた切なくて……。

「西野がフランスから帰ってくる頃には俺もっとしっかりしておくから」
「その前にあたしが誰か他の男みつけるかもしれないよ?」
「だとしても…もう決めたから」

あ、ダメだ、
なんだかガンダム無印で・オーブ壊滅の際、アスランがキラに説得しようとするも切り返された時みたい……
ごめんなさい。いちごの感想なのに、今、基本がSEEDになっていて。

西野は、自分も真中に何を言われてもフランス行きの夢はあきらめないだろうと、真中の心中を理解をします……このあたり、西野って凄いなあと思います。彼女の、こういうところが好きです。ものわかり良すぎって言われるかも知れないけれど、自分にちゃんと自分自身の夢があり、他人の夢に理解ができるって、大事な事だと思うから。
西野の、その後のセリフがまた。
「だけど、あたしがフランスに旅立つまでは、あたしが淳平君の彼女だからね」
ちゃんとにっこり笑って言うんですよ。か、可愛いいじらしい。
で実は今日はバレンタイン当日で、渡したチョコがとびきり苦いもので……これ、ふざけて、といってましたけど、本当は東城との事を考えて苦くしちゃったのかなーという気はします。不安だったろうし。
苦しむ真中に西野が教えた、苦いチョコを甘くする方法は、キス。
……そして返ってきたのは真中のきつい抱擁。
なんだかこんな情熱的な真中、初めてかもしれない。
「…いつ行くんだ?いつまで会える?」
「…3月2日(略)
 だからそれまで あたしのこといっぱいいっぱい抱きしめて…」

フランス出発の日、西野を見送りにきたのは真中一人…西野の、我侭です。
「ありがとう淳平くん
 キミに見送られて出発できること本当に幸せだって思う」
向こうについたらもう彼女じゃない
電話もしないし、手紙も書かない、なるべく思い出さない。
自分ももう振り向かないから、真中もここからもう帰れ、と。

って、西野、最後まで格好いいです。
さっぱりした気性の彼女らしい、いさぎよさです。
この空港での別れで全てにけりをつけるつもりだったのですね。
でも、そうやって一人歩き出した西野の姿は、硬い表情で、非壮感さえあります。

どんな形であれ出会いがあれば必ず別れはくるし
あたしと淳平君にもその時期が訪れただけ
それにいつかまた会えるよ
お互い成長した時にきっと

西野がそんな自分自身に言い聞かせた言葉は一般論で、理想。
けれど、感情はそんな風に簡単には割り切れないですよね。
西野だって、
あんなに振り向かないと誓ったのに、思わず一瞬振り向こうとしたら
なんと真後ろに真中が(笑)

グッジョブ!

とたん、泣き笑いの表情でとびつく西野。
「会えるよね?またいつかあたしたち会えるよね?」
本当は、一番この言葉が言いたかったんでしょう。
「次に会うときは、もっと私のことワクワクさせる淳平君になっててね」

空港での別離シーンというと、私はYAWARAが浮かぶのですが(古いかな?)恋人同士になったわけでもなく、反対に別れることになった二人ですが、さびしいけれどよかったかな、と思います。
……どろどろ三角関係悲劇な結末を恐れていたからかも、しれませんけどね。

次週以降はその後の登場人物の進路、ということになるのかな……
ちゃんと西野が帰国するところくらいまで、描かれるかも。
真中は、ちゃんと将来への夢へ向けた努力が実っているといい。
西野は、本当に新しい彼氏をみつけるでしょうか、それもありうるかも。
なんとなく、真中の監督作品に、皆が関わる形になっているといいなーと思います。べたかなぁ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。