漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
衆議院解散
今回の解散について、勉強不足者の一人言です。
あとで意見が変わるかもしれません。

こういう時期は各マスメディアの社説が面白いです。
多種多様。
また同じ新聞でも、社会部と経済部で違ったり。
……世論が動くと社説も変わったりします。
内閣支持率、上がっているようですね。
最近、道路公団や社会保険庁まで様々な官僚の無駄遣いが世間に露呈しています。実にふくらみに膨らんだ日本の借金を作ったのはほぼこのような官僚、それを壊そうとしてきた小泉さんの行動は国民にとってはすばらしいことだと思います。
実際、今回の解散で郵政の関係者はともかく経営者は青くなっているようですね。私は今回の騒動で総裁の言葉がニュースになるまで、こんなにも経営が危ないとは思ってもいませんでした。ただ民営化をすると過疎地のお年寄りへのサービスがなくなってしまうのではないかとそれのみを懸念していました。自分達有権者が動かせる問題になるとまでは考えていなかったこともあります。
 
心配なのは、今回の総選挙は「郵政民営化」の是非を問うものとニュースではうたわれているようですが、実際には「今回の郵政民営化法案」を巡って争われた問題が、今では政権争いになってしまっている気がすることです。

どなたかのブログで、
「民営化には賛成だか今回の法案は不備がある」との観点から、継続審議を願って反対に回られた議員さんがいる、
と読んで目から鱗が落ちる思いでした。
(イラク派遣のときのように強引に)法律を成立させるのは簡単なようですが廃止するのには大変な労力がいるからです。ただ「郵政民営化」の名前に内容を推測していましたが、私はその内容と問題点を知りません。これは選挙までにがんばって勉強しておかないと。名前に踊らさせると、とんでもない内容だったりしますものね。
そう考えれば、ある意味こういう議員さんたちは、真剣に郵政民営化を考えた人たちかもしれませんね。同じ反対でも、小泉さんが嫌いだからとか、政権交代のチャンスを狙って反対したとかいう気のする人たちとは違いますよね。(そんな意見もちらほらと)

今回の小泉さんの行動がかなり強引だったのは確かだと思います。
「反対すれば自民党員ではない」の括りは、余りにも乱暴な気がします。自分に賛同するもの以外は許さない、といっているようで、なんだか独裁者のように見えてしいます。おそらくことここに来るまでに様々な妨害があったが故、妥協すれば何も変わらないと思われているのでしょうが。けれどどんなにすばらしい指導者であったとしても、周囲に反対意見を口に出来る人がいない状況は、怖いのです。怯えすぎ、でしょうか……。
しかし、だからといって反対しておきながらなんとか党の公認を貰おうとしているヒトが、もし本当にいるならば、自分の行動にもう少し覚悟と責任をもって欲しいです。投票前から小泉さんはこのことを口にしていたのですし。


今度の選挙が
・郵政民営化に賛成か反対か
の国民投票だったら素直に票を投じるのですが。
・小泉さんかそれ以外か
になってしまっているのが私にとって難しいところです。改革路線自体は、ありがたいのですが。ちゃんと審議されない法案も困るところです。

ところでここのところ郵政ばかりが取りざたされていますが、年金の問題そのほかも気になります。こちらこそ、小泉さんの力を濯いで欲しかったような……。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。