漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
福井晴敏「川の深さは」
保が、ヒイロ・ユイに見えて仕方がありませんでした。

日本とアメリカと北と、政府と自衛隊と警察と、
それぞれの関係とあの地下鉄サリン事件を根に作られたフィクションなのですが。

ヒイロ・ユイ。
台詞がどうしてもかぶるのですが……

作者がターンAガンダムの小説版を書いていたりすることから、
Wも知っていておかしくないかな、と思うのですが、
そこのところどうなのでしょう。

後で調べて、修正しようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。