漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
鋼の錬金術師 第51話「闇の扉」
今月のハガレン情報。

11/21コミックス12巻付録は
「鋼の錬金術師四コマ練成編」
今まで荒川先生がチラシや増刊、あちこちに書いていた四コマを収録!
書き下ろしもあり!
見逃していた人に嬉しい一品です。

……そろそろ予約すべきだろうか。

9/30「劇場版鋼の錬金術師 Absolutecinemaguide」

……踊らされていると言われても仕方ありませんが。
  か、買います。
さて本編。
グラトニーの腹の中で、エドとリン、エンヴィーの心温まる再会の物語です。

……嘘ですごめんなさい。


エドとリンの再会に、大佐の焔が意外なところで役に立っています。
……エンヴィーが化けた姿でないかという御互いの確認の仕方が面白いです。
 エドは言わずと知れた豆。
 リンはホテルで食べたもの、……て全部覚えているのかな。意外と食い意地は張っていそう(笑)
そこでアルの手を発見。とりあえずアルの無事に安心するものの、
「ぬおおおお!!
 都合よく目覚めよオレの精神感応能力!!」

……無理でした(笑)

果てもなく、(右も上も下も銃の反響音もなく)
底もなく、(血の塊でできた床の穴に落とした物がぶつかる音がなく)
転がっているものは時代もばらばら 
 の場所
再会したエンヴィーによって、その正体が明かされます。
「グラトニーは”お父様”が作った擬似・真理の扉」
 現実と真理の狭間
 出口も出る方法もありはしない
 誰もここを出られない
 力尽き寿命が尽きるのを待つだけだ
 皆ここで死をまつしかない……!!

すごい畳みかけでした。三人の絶望。

こんな状態に陥っても前向きだったエドの言葉は
「前向きっつーか生きることにねちっこいだけだ
 ちょっとでもあきらめたらアルの鉄拳と怒号が飛んで来るからな
 弱音吐いてらんねえよ」
しかしエンヴィーに「死」という言葉を聞いた瞬間浮かんだのは、一人うずくまる鎧姿のアル。
「ちょっと待ってくれよ
 オレが死んだらアルはどーすんだよ
 約っ…約束してんだよ……!!」
なんかもー、エドにとってアルが、アルを戻すことが生きる目標になってるんだなーとつくづく実感。このべったり兄弟vv

出られないのはエンヴィーも同じ事で、この場所の秘密以外にもいろいろと暴露大会が開かれ始めました。
大総統。
……ホムンクルス確定。
イシュバールの秘密。
……アニメ版と違って、エンヴィーが軍の将校に化けて子供を撃ち殺した事がきっかけでした。エンヴィー、めっちゃ嬉しそうです。黒い黒い。
そして、エンヴィーの正体。
……めちゃくちゃ大きくて、表面に人体モドキのたくさん浮いた、確かにグロテスクな姿でした。大きさを暗示するものとして、。森での戦いの時にエンヴィーの足元が沈んでいたり、街でのバトルのときに鉄柵をひんまげたりと前フリはあったらしいですが……わー、全然気付かなかった。正体を現すと外見どおり人格も不安定になるみたいですね。「中に何人いるか」……って、まさかその通りなんでしょうか。


ちなみに腹の外では、メイ・チャンの告白タイム。
シン国の中でも最下層の民族で、ここで不老不死の法をもって帰れるかどうかは、正に「滅びる」かどうかの瀬戸際。
「滅びる」の言葉に弱いスカーとともに、シャオメイ探しにスタートです。

一方アルは、ようやく立ちあがりました。
グラトニーの「お父様」に会いにいきます。
これでほんとの父親だったら洒落にならないですよね……ふふ。
「しっかりしろ!
 二人で元に戻るって決めただろ!!
 ボクか兄さん片方でもあきらめたら終りだ!!
 大佐も言ってたじゃないか!
 うろたえるな!
 思考を止めるな!
 あきらめるな!」
なんだか先日のvsラスト戦で、アル単体と大佐との絆ができたようで嬉しいです。あきらめるなといった大佐はまだ大総統の手の中。頑張れ、次回の主役はおそらくアナタです。

あ、ちなみに大人しくなったグラトニーが妙にキモ可愛く。
「人柱飲んじゃった~~
 エンヴィーものんじゃった~~
 おで どうすればいい?」
「……知らないよ(アル)」
「……おとーさまに怒られる……」
人差し指をつつき合わせたり、腹をなでられて紅くなって恥らったりするのは止めて下さい。



 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。