漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
田中芳樹アルスラーン戦記「魔軍襲来」
何年ぶりでしょうか!終に…終に…アルスラーン戦記の新刊が!嬉しいです…。
購読当初は主人公と同じ年だったのに、今ではもう……(涙)!
(何年前かは年がばれるのにヒ・ミ・ツ)

第一部はアルスラーン王子の国奪還話、成長物語でした。
第二部はアルスラーン王と蛇王ザッハークの人vs魔物の話になっています。脇では各国がパルスを狙っていますが、一部の国も部下もない状態での綱渡り外交とは違って、治世が安定してるので緊迫感はないです。

ただ今回の最終章、魔物の攻撃が本格化して、空を埋め尽くす大群がペシャワール城に攻め込んでいくシーンを読んだ時。

……フリーダムのミーティアで一掃したくなりました。
駄目だってその兵器。
話の趣旨違います。非力な人が知恵と力をあわせて魔物を倒す話なのです(?)。
私の脳内はただいま50%SEEDかもしれません。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。