漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
D-Grayman 6巻
表紙はミック卿です。カラーで見ると迫力です……。

なんといっても今回のメインは、エクスシスト・スーマンの「咎落ち」話でした。
作中で作者もコメントしていますが、辛く哀しい話でした。
エクソシストは一端就任すれば、たとえ死んだとしても遺体は家族のもとへ帰ることは許されない。「世界のために消えてもらう」前巻のコムイの言葉ですが、今回、家族に一目会いたくて命御いをし仲間を売ったスーマンの人としての性と、許さずスーマンを殺そうとしたイノセンス―「神」の怖さが全面に出た話でした。

この話の、「怖い」面が段々と全面に出てきている気がします。本誌ではラビがピンチだし。が、頑張って生き残って、皆。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。