漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BLEACH198
藍染隊長は藍染「様」だした……。

詳しい感想は続きにて。
今回は、破面サイドの話と、一護&死神たちのほのぼの話に二極化されていました。

破面たち、かなりの藍染シンパです。王国です。彼の寵愛を皆が競っております……ていう感じに見えたのですが、いかがでしょう。これで彼らがメノスのようなのっぺらぼうだったらかなり不気味な図なのですが(千と千尋~のカオナシの集団に囲まれている図を想像して下さい。一体では可愛くとも何事も集団は不気味です)、真中に穴があることと体の一部に虚時代の名残を残している他は人間と変わりないので、そう見えちゃうんですよね。
余り関係ないんですけれど。ご飯どうしてるんですかね、藍染様。
(トイレどうするの?という質問と一緒ですね……)

一方一護たちサイドは、今更ながらねぐらの確保に向かいます。
姐さんの御色気攻撃にたじたじの一護、男の子です……。
結局ルキア→一護の押入れ
  恋次→浦原商店
  乱菊→織姫
その他はてきとーに探すようです。なんとなく一角たちがケイゴたちのとこに押しかけてたら面白いのにと思います。ベタかな。
恋次は、浦原さんとこにおしかける序に、なぜルキアを選んだか追求しそうです。

カップル、一護&織姫、恋次&ルキアということになるんでしょうか。雨竜&織姫も好きだったけど。
……すみません、どこでもカップルつくろうとしてますね、私。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。