漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
再興院展90回の歩み展
根津美術館の帰りには日本橋三越の7階特設、院展の90回を記念した企画展を見てきました。97作家126点、なかなか壮観でした。会場は3箇所に別れていて移動しなければならず、ちょっと混乱しますけれど。

旦那様に連れられて日本画展を巡り歩くうちに、私なりに好みの作家さんができたのですが、ちらほら出展されていてほくほくでした。ちなみに第3展示室は現代の画家が多いので特に。ただ大きなサイズの絵が多かったのですが、画集に収録される際には小さくなっていたりした残念。やはり生の迫力には適いませんね。

というわけで、画集で復習しながら好みの画家を抜書き。

下村観山、福王寺一家(三代とも好きです)、平山郁夫、後藤純男、高橋常雄、田淵敏夫。
ここで初めて知ったのは北野恒富(美人画、色っぽいですv)近藤浩一路(単色勝負、すっきりしていてすきです)。

他にも何名かいるのですが、今回の参加者はこれまで。

さて、共通点は何でしょう?……風景画が多いですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。