漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
頭文字D32巻
ここ一年ほど雑誌で立ち読みしていなかったので、今回の収録内容は新鮮に読めました。この作品、どちらかというと単行本でまとめて読まないと迫力がわかりませんし……第一、青年誌なので実は度胸がいるんですよね(笑)仕事場通勤途中ならともかく、近場ではできない。

思えばこの漫画、最初流行った当時は全然興味がなくて(「かしらもじ」とか読んでました汗)、赤城山でのバトル観戦のお誘いも断ったりしたのですが、……数年後にこんなにはまるとは、当時の私には予想もつかなかったでしょう。慣れない青年誌風の絵柄でさえ、今はいとおしい……。

しかしこの漫画からカーファンになっていく方が多いと聴く中、私は車の運転が億劫じゃなくなったくらいです。涼介たちの薀蓄披露も余り役には立たず。ちょっと違うはまり方をしております。
バトルも一段落して、今度の拓海くんの課題はタイヤ?

しかしそれよりも、Dの偽者騒動と拓海君の恋愛が楽しかったです。
秋山渉、再登場。
言動が皆時代ががったような御約束なような気もしますが、だからこそのコメディ。楽しかったです。それにしても、啓介。やはり荒事専門なのね……。てゆーか、怒るポイントはそこですか。やっぱり自分に自信、あるんでしょうね。

拓海君の今度の御相手は、期待の女子高生ゴルファー。
気が強いが芯はしっかりしていて、拓海君と同様親に子供の頃から教育を受けてきた環境といい。気が合いそうです。それよれ何より、拓海君が積極的だ!びっくりです。
タイミング的にどうしてもあいちゃんを思い浮かべてしまうのが何ですが、うまくいくといいですね。啓介が前々回きっぱりふってしまっただけに、どうなるかちょっと興味深深です。

車のレースにもいろいろあるとは聞いていたのですが、ようやく判明。
拓海君向きなのは「ターマック(舗装)のラリー」なんですね。啓介は逆にはじめ、サーキットも向いてる気がしてましたが今では。多分Project卒業後にはプロ転向が待っている気がします。何年後かは不明ですが>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/16(火) 17:43:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。