漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
音楽CD
どうもパソコンの動きがおかしくなってきたので、SAFEMODEから立ち上げ直してみたら、RealPlayerの動きがいきなり速くなりました……。この間徹夜していた人にはよかったのかショックだったのか、複雑な心境です。

中古屋で新たに買ってきたCD・新たにレンタルしたCDも加えて、音楽CDの整理はとりあえず一段落です。中古で買ってきたものはいさぎよくケースを捨てジャケットに鋏を入れ、借り物と新品はコピーして不燃布CDケースにいれました。
私が今まで使っていたようなファイル形式のCDケースが店頭から消えていたので、バラで100枚のタイプに。カラーで「インストゥルメンタル」「梶浦由記」「SEED」「アニメ」「声優」に分けて収納し、リングで留める形の思い切り省スペース。……大事にしているとはとてもいえないのですが、車のポケットホルダーに51枚が収まりましたv

他のアーティスト・頂きもののCDはとりあえずホルダー内に収まっているので、現状維持。冬が近づいたので広瀬香美とかかけようかな……。

ところで私は曲を聴くときに、余り歌詞を聴いていないのかもしれません。歌声を楽器のように音としての響きを楽しんで、単語を捉えていなかったり……何度も聞いているはずなのに、サビのよほど強い部分以外は思い出せなかったりします。大分後で歌詞カード見て、びっくりすることに(汗)。こういう楽しみ方は、式部の「大英博物館」で初めて意識しました。声も楽器になりうると。インストゥルメンタル系とか、意味がわからない筈の「KALES」や「ブラーチャ」を楽しめたのはそのあたりの感覚です。
人との会話にもそれは時々言えて、私の友人はとても耳障りのいい優しい声を持つ方が多いのですが、ときどき会話の内容よりも声の調子を楽しんでいたりして、ちょっと自戒することがしばしば。私自身は細くて甲高い、聞き取りづらい声をしているものですから、ちょっとうらやましかったりもします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。