漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
森薫「 Emma -エマ- 」
こちらは同じヴィクトリアン時代、メイドのエマと貴族の跡取との身分違いのラブ・ロマンス漫画。
すっきりと丁寧に書き込まれた、けれどうるさくない絵柄で、台詞があるのにサイレントのような印象を受けます。身分違いの問題に重点を置いているので、この当人同士にはどうしようもない問題が切ないです。エマが仕事のできる真面目で控えめな美人なのは勿論、ウィリアムがへたれながらも純情で一途なのがまたいいです。ウィリアムか婚約破棄しようと躍起になっている相手のお嬢さんはとってもいい子なのに父親が黒い。階級社会の権化のような。……へたれくんにたちうちできるか非常に不安。

とはいえ個人的にはサイズダウンしてくれないと買えないです……。
ここでいうのもなんですが、封神演義の特装版も。次は蒼い普賢のカラーがすばらしく綺麗なのに……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。