漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ユート」全3巻
フィギュアスポーツの日本人選手の活躍が目覚しいですね。
トリノ五輪の出場選手数も、長野についで多い144人とか。
今年のウィンタースポーツ観戦が楽しみです♪

そんな中で、一つお気に入りの漫画を。
原作ほったゆみ・漫画河野慶、スピードスケートの漫画です。
北海道でロングトラックの才能を魅せていた小学五年生の少年雄斗が、父親の転勤で東京に。北海道に残したライバルとの再戦のため、なんとか滑りたくて四苦八苦し、ようやく見つけたのはショートトラック。北海道とはまるでちがう環境・父親の非協力。ショートはできてもロングのできない東京から、やがて双方を鍛えられる長野へと山村留学を決める……話になるはずが、途中打ち切りに。
スピードスケートについて素人の私でも、主人公やその初心者の友人と共に一から知識を得ていけるのが漫画です。そしてやや気弱な主人公雄斗が、スピードスケートにかける情熱が凄い。11歳の男の子が、自分で山村留学を決めてしまうんですから。……ウィンタースポーツって、お金かかるんですよね。
カーブのショート、直線のロング、二つの強みを生かして雄斗がどう成長していくか、最後までみたかったです。
ユート(3)
考えてみればアメフトは「アイシールド21」サッカーは「ホイッスル」柔道は「帯をギュっとね!」……などなど、私は割りと漫画から入っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。