漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ダ・カーポ」574 「共謀罪」を思い出して
「ヒト・モノ・ブーム・事件の総まとめ」と題してまとめられた今号。
軽く読める量にまとめられていたので、つい購入してしまいました。
忘れかけていた重大な事件などもあったりして
あ、おそらくオトナな記事も載せられているので、未成年にはお勧めできないかも。

冒頭に「ニッポンを叱る」と題して何人かの方が記事を寄せているのですが。その中で、粱石日さんの記事に注目。もっとも粱石日氏の記事の趣旨は、このままだと借金がかさんで「95人の負け組が生まれる社会に」なる、ということになるのでしょうが。

この中で「国家による管理体制が進む」と触れられている部分がありました。
一つは言わずと知れた「憲法改正」、もう一つは「共謀罪」です。
(ここに「人権擁護法」を加えたいところ……)

今の政府で私が一番怖いのは、与党の独断でこれらの法律を可決できてしまうということです。優勢民営化に反対する議員をばっさり切っていく容赦の無さからして、自民党内で決定すれば強引にもまとめあげそうで……テレビや新聞に取り上げられないところでも幾つもの法律が審議されていることでしょうし。
法律というものは、目的が如何に崇高と謳っていても、本来の目的以外にも使用されかねないということを、かつてのファシズムの象徴ともいえる「治安維持法」で学んでいます。
しばらく音沙汰がなかったのでうっかりしていましたが、
今の政府にはこんな法律を作りたがっている人たちがいるということを、忘れないでいなければ、と思います。これも国民の義務ですよね?

ちなみに「Vフォー・ヴェンデッタ」という映画が近日公開されるのをハリポタの前宣で観たのですが、こちらは第二次世界大戦でドイツが勝利してファシスト国家となったイギリスが舞台。反政府運動を繰り返す正体不明の「V」の謎……の話なのでしょうか?イギリスロンドンテロに配慮して公開時期をずらしたとの噂もあります。
煽り文句が強烈でした。
 「人民」が「政府」を恐れるのではない。
 「政府」が「人民」を恐れるのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。