漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
鋼の錬金術師 第54話「愚者の足掻き」
「ダ・ヴィンチ」の女性漫画家人気投票1位おめでとうございます。

・ガンガントレーディングアーツ、隠れ人気キャラハボックフィギュア化おめでとう。
……これっておめでとう、でいいんですよね?

・コミック鋼の錬金術師13巻初回限定版は特製ハガレントランプ付き。
3/22発売。1/23締め切り。
……いろいろ考えるなぁ。

・鋼の錬金術師ARTBOOK3弾は映画版、12月22日発売。ちらっと見るところ、アニメディア等に掲載のイラストも載りそうな感じ?

お父様≠ホーエンハイム

よかったvvv

リン→グリード

ぎゃー!!

とにかく、お父様に圧倒された話。
ホーエンハイムを知っていて、子供の存在にびっくり。
人柱だからとエドの怪我を直し、何もないところからアルの腕を創り出し、しかも連練成動作なし。かと思えば、ちょっといじっただけで錬金術の発動しない空間にしてしまう。
そして「人柱」でもないリンは無視=虫状態。

エド曰く「宇宙人」
リン曰く「ありえない。なんだその中味」
……一体リンの目に、「お父様」はどう映っていたのか。
リンが大総統と同様に賢者の石を体内に注ぎ込まれ「強欲」と化した今……「リン」の意識が勝ったのか「グリード」の意識が勝ったのかわからない現在では不明なまま。
「生んでくれてありがとよ親父殿」
とか言ってる口調は前のグリードっぽいんですよね……うう。


一方でホーエンハイムも謎の行動を。
ここまで来たら、「お父様」を(し)とめるために動いていると見ていいのでしょうか。山の向こうに何があるのか……「もう少し」と言っていたのは、「もう少しで「お父様」を止めることができる」という意味だったのでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。