漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
梨木李歩「りかさん」
からくりからくさ」の番外編。

幼少期の蓉子と「りかさん」の出会いと不思議な事件。「からくりからくさ」の「りかさん」は女4人のつなぎ役としてのイメージがありましたが、若い頃の「りかさん」は大活躍です。「人形」に対する深い愛情と歴史の伝わる物語です。
そしてマーガレットの子供「ミケル」と紀久の物語。ある意味一番女らしい紀久の抱える修羅はまだ昇華しきれていなかった。けれどそれは鬼子母神のようなもの。……乗り越えた二人の絆。「ミケル」視点のふわふわしたモノローグが、それを確かなモノだと伝えてくれるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。