漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
東野圭吾「さいえんす?」
作家東野圭吾の短編エッセイ集。
理系人間としてのこだわり、そして新古書店、万引きによる出版業界の衰退について熱く語っています。……いいえ、それだけではないんですが一番熱く感じました(笑)。
理系人間として文系人間に感じる苛立ち、などは面白おかしく拝見しました。覚えのあることもあって苦笑い…そのトリックが非科学的かどうか、確かに重要視はしていないかも。最終的な結論が文型人間は「まず自由に発送すること」が得意で、理系人間は「一つのことを探求すること」が得意ということでほっ。持ちつ持たれつでお願いしたいものです。
出版業界の危機に関してですが、好きな本は買うものと思い万単位の出費のある私には痛い脛はないのですが、やはり万引きは大反対、危機は感じます。ただそれだけでなく「買いたいと思わせるだけの物を創らなければいけないのかもしれない」とある作家さんの文章もまた心に残っているのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。