漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
恩田陸「ライオンハート」
男の名はエドワード・ネイサン。黒い瞳、黒い髪。彫りの深い顔立ち。
女の名はエリザベス・ボウエン。灰色がかった碧色の瞳、金髪。
二人は様々な時代で巡り会います、ほんの一時だけ、そして結ばれることなく。生まれ変わり時代をさかのぼり、過去と未来の二人の記憶を共有しながら。時には一方だけが記憶を有し、時には相手を救うために命を落とし、時にはついに邂逅できず、……エドワードの最初の出会いで始まったこの輪廻、やがて疑問を持ったあるエドワードがその始まりを突き止め、そして最後の物語で二人のENDとエリザベスの始まりを迎えます。

絡み合った糸の流れに混乱しそうになりながらも、ようやく迎えたLASTが良かったです。とにかく、構成が上手いと思わされます。読めばこの順番でなければならなかった意味もわかります。
また一つの物語毎に一枚の絵が……その時代を象徴するような絵がタイトルになります。その物語の中では一組のみならず数組の二人が存在することにも。
ようやく夫婦として連れ添うことができた二人に、乾杯!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

エドワード・ネイサンとエリザベス・ボウエン、時を越えてなんども再開する二人とても切ないお話でした新潮文庫、今読みたい作家第1位に選ばれていたので楽しみにして読みました自分はどうも頭でうまく整理できず思ったよりはちょっとな、って具合でした年末年始でちょっと
2006/01/05(木) 21:36:04 | 時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド
ライオンハート ・読み : らいおんはーと ・著者 : 恩田 陸 ・発行 : 新潮社 ・発行日 : 2000/12 ・定価 : 1,785円 それがどうして...
2006/01/31(火) 21:01:01 | 恩田陸を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。