漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「おすすめ文庫王国2005年度版」
「このミステリーがすごい」のリストが殆どハードカバーや新書だったため買えず、懲りずに手にとって見たこの雑誌。全部文庫で手に入りやすいのはいいですが、リストアップするのは何人かの個人。大変主観が入っていることを考えた上で判断した方がいいでしょう。

他、現代文学(永江朗)恋愛小説(藤田香織)ノンフィクション(東えりか)時代小説(青木逸美)海外ミステリー(池上冬樹)国内ミステリー(吉野仁)SF(大森望)ライトノベル(三村美衣)がBEST10を選出。それぞれ自分と感性が似ているなーと思ったら参考にすると面白いかもしれません。
ちなみに私は選んだ人間に関係なく、国内ミステリー5位の「グレイヴディッガー」を呼んでみました。なかなか良し。
1「グッドラックららばい」平安寿子
2「耽溺者」グレッグ・ルッカ
3「十兵衛両断」荒山徹
4「黄色い目の魚」佐藤多佳子
5「夏雲あがれ」宮本昌孝
6「結婚のアマチュア」アン・タイラー
7「煙か土か食い物」舞城王太郎
8「横山課長の七日間」浅田次郎
9「北山薫のミステリー館」北山薫
10「流星ワゴン」重松清
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。