漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
呉 由姫「金色のコルダ」5巻
現在月刊LALAで連載している、ネオロマゲームのコミックス化のうちの1本。
この方、絵がとっても綺麗なんですよねvvv

実を言うとゲームはしたことがないもので、純粋にコミックスストーリーとして楽しんでいるのですが、二次元に現すには難しい音楽を扱いながらも、ゆっくりと話はすすめられていてなかなかです。
恋愛部分にしても、主人公愛され度が余りに出すぎてしまうよりは、本人の気持ちがしっかりしている方が好感が持てるので、「魔法のヴァイオリン」を持つことに悩み、徐々に音楽への熱意を高めていく香穂子は立ち居地として好みなのです。
登場人物からのラブコールに対しては(ネオロマですから♪)冬海ちゃんには懐かれていて、火原先輩はもうあからさまに、土浦くんにとっては気になる子、月森くんからは徐々に認められつつある……とそんな進展度。今回は後輩志水くんとのエピソードも収録されていますが、さすが不思議ちゃん。よくわからないけれど認められている、ということかな。
あとはBlack絶好調の柚木先輩エピソード。まだまだ玩具にされている感じですが……ゲームの方もあそこまで黒いんですか?本当に?なんだか黒さがあがっている気もするのですが。



収録番外編は火原先輩とトランペットの出会い。ちらっと土浦君も出てきたような……。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。