漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
グレッグ・ルッカ「守護者」
ボディーガード・アティカスシリーズ第1作。

妊娠中絶反対団体から激しい圧力を受け脅迫文を受けるに至った女性医師に依頼され、彼女のガードを受け持つことになったアティカス。ボデーガード会社に所属する彼はチームを組み、犯人を探りつつ見えない敵から医師親子を護ることになりました。親子との触れあい、私立探偵もチームに入れての推理、見えない敵から受ける攻撃のスリル、……そして失敗への悔恨、苦悩、私生活の痛み。
あくまでボディーガードとしての、物語でした。めでたしめでたしとは決していえない結末も含めて、その意味でとても新鮮。映画を見ているみたいでした!
番外編が今年のBESTの入っていたので、是非そこまで読み進めてみたいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。