漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
チョコレート
バレンタインも近い今日この頃、都会ほどではありませんが、うちの百貨店にも有名どころ揃い踏みの売り場が出来ました。この時期にしか見かけないところもちらほらと。ちょっと気になって各HPを調べてみました、なんだか皆手にとってみたくなります。チョコレートだけじゃなくて包装も可愛いんですよねvv

GODIVAゴディバ
個人的に一番好きです。単価高いんですが。
太っ腹な伯父がいて、誕生日などに頂いたのです。子供の頃は値段など具体的なことは知らなかったのですが、家族で大事に一粒ずつ食べたのを覚えています。大きくなっていざ自分で伯父にバレンタインに贈ろうとしたらびっくりしましたよ、豪気な伯父だ。
ベルギー王室御用達。粒チョコレートは全てベルギーより入荷。
社名の由来は、11世紀イギリス・ゴベントリー、領主レオフレック伯爵の妻レディ・ゴディバから。領民に重税を課す夫に税を軽くするよう訴えたところ、「一糸まとわず街中を巡れたら」と言われて全裸で白馬にまたがって街を廻った人です。領民は街中の窓を固く閉ざしてこれに応えたそうです。いい話です。そして凄い夫婦です。

モロゾフ
1936年日本に初めてバレンタインデーを持ち込んだ会社。
私は普段はここのチーズケーキが好きです。プリンも好きです。
今年は丁度70年ということで、限定版記念チョコレート「トゥルーラブ」発売中。紅いハート型のケースの蓋には"2006.2.14"の文字を刻印しクリーム色のコサージュ・栞・紅いギフトバッグ付きで税込735円。なかなか御手ごろでは?
ちなみにオンラインではフロレゾンのコーナーです。他にも商品がいっっっぱいあるので、ご紹介。

ROYCE’ロイズ
1983年創業、日本は北海道生まれ。すっかり定番になりました。
道外にSHOPはないのですが、今はインターネットで注文。
生チョコとマシュマロチョコがなかなか。バレンタイン商品はどれも数量限定の上、完売続出です。チェックしたい方は御早めに。

BERNARD CALLEBAUTベルナルト・カラボー
1911年ベルギー創業、1982年に本拠地をカナダに移してより頭角を現し世界一の称号を頂いた、原材料はベルギー製造はカナダのチョコレート。
ここのチョコレート・バーは、一度でいいから食べて見たいです……。

CAFE TASSEカフェ・タッセ
1988年創立。「コーヒーカップ」を意味する店名どおり、コーヒーを飲むときのお供(ベルギーではコーヒーにはチョコレートが添えられるそうです)としてのカカオ豆率の高いビターなチョコレート。

ANTENORアンテノール
洋菓子などが有名なところですが、近所にはないので実際食べたことはありません。一度ここのロールケーキを食べてみたいです。
1978年にエーデルワイスグループのグループ会社として創業。
社名はギリシャ神話の知将に由来しているそうです。

ちょっとずつ調べては付け足していきます、
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。