漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
喬林知「通り過ぎた森の先に」
○マシリーズ番外編、雑誌TheBeansに掲載された短編です。
シリーズより4000年前、「眞王」と「大賢者」の馴れ初め物語。
あげるのすっかり忘れていました……。

眞王はぶっちゃけかなり俺様ですが、まともでした。
ただし家庭内はかなり荒れていたようです。
そして、大賢者は眞王の異母弟で、記憶を失ってしまった短編では大人しい常識人。一応短編後の作者とGEGさんの対談にならって反転文字にしてみました。
作者がGEGさんの伏字の仕方がアヤシイといって怒っていたので(眞王と大賢者が秘密の○○関係で、大賢者に至っては○○喪失)、ちょっと訂正しましたがどうでしょう?

アニメは実は殆ど観ていないんですが。
ネタバレをちらっと聞きまして、がーん……。
明るく終わるのは無理なのかしら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。