漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
イルカ(涙)
最近、イルカや鯨などが港に漂着してしまうニュースを良く見かける気がします。先日、イギリスで鯨が死んでしまったばかり(テムズの汚染が原因のよう)ですが、今日もまた。

 28日正午ごろ、千葉県一宮町東浪見の九十九里浜・東浪見海岸で、約70頭のイルカが約1キロにわたり、砂浜などに打ち上げられた。イルカは大きな群れを作ることで知られるカズハゴンドウで、サメに襲われたり、リーダーが寄生虫にむしばまれたりしてパニックになる例があるという。普段は沖合にいるが、何かの原因で群れが方向感覚を失ったらしい。
 浜ではサーファーや住民、町職員ら約100人が波の動きに合わせながら運んで多くをいったんは海に戻したが、弱った一部は波で浜や消波ブロックに押し戻された。日が暮れたため午後5時で救助は打ち切られた。
                   (朝日ニュースより)


鯨類などの海洋の哺乳類が、他者を生かすためでなくただ死んでいく姿には心が痛みます……何故このような事が頻繁に起こるのでしょうか。
原因はいろいろ取りざたされていますよね。私が目にした中でも(捕鯨のためではない)定置網とか、潜水艦のソナー音が原因だとか、もしくは海洋汚染だとか。……どちらにしろ、人間ですが。
死んでゆく彼らの姿に、次は人間の番だと、言われているようです。

追記:本日救助活動が再開され、弱ったイルカは南隣のいすみ市の漁港に一頭ずつトラックで搬送されて、港内に放されているそうです。もともと弱ったイルカが、流れの激しい砂浜から沖へは出られないそうですね。なるべく多くのイルカが助かるといいです。
地元の方々には頭が下がる思いです。海辺に暮らしている方は、このようなイルカだけでなくゴミなどの漂着の問題もあり、事あるごとにボランティアをされているのでしょうし、こういうときこそ行政で計画的になんとかできないかなぁと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにゃちは!
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/←のサイトに記事が載っていたので、見にきちゃいましニャ(・ω・)ノ
2006/03/02(木) 20:42:58 | URL | ぬこりん #-[ 編集]
ありがとうございます!
今はブログでもいろいろなランキングやサーチがあるんですね……どきどきです(笑)
2006/03/03(金) 09:46:34 | URL | しい(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。