漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
いちご100% 161話
冒頭、クリスマスプレゼントにお互い気付いた真中とつかさ、なんだかいいかんじに仲直り……とおもいきや、今週も最後に爆弾が。

そもそもは、真中の勉強不足が原因。
センターで撃沈した真中に唯が紹介した家庭教師は、なんと綾。
おりしも母も出かけていて家に残るは真中一人。
西野以外の女子と二人きりなんてやっぱマズイ……
玄関先で悩む真中。
成長したね!
こんなことでも喜んでしまうよ~~
ちゃんと彼女もちの男の発想だよ。おまけに今回は全然綾に心がゆれていないところもエライ!
結局唯も後から来るという事で、勉強会は開始されます。
ところが勉強のための寝不足から、つい眠り込んでしまう真中。
瞬間、綾の頭の中には天地とのキス未遂事件が……

「初めては真中くんがいい」
思いつめた綾は眠り込んだ真中にキスを。

えええええ!!!
まずい、それはまずいよ綾ちゃん、気持ちはわかるんだけど。
ウソのつけない彼女のこと、隠しとおせないんだから余計やましいことはしないほうが。
綾への非難と弁護が頭の中を駆け巡ったのですが、同時に思ったのは。
……どこまでも報われないね、天地……君が動くたびに綾は真中へと気持ちを高めていく気がするよ……哀れ(ホロリ)

そこで、寝ぼけた真中は綾を押し倒し、再び眠り込んでしまいます!
寝言は「西野…」の一言。……キスする相手といったら、西野、なんだ。
彼女と間違えられたことに気付く綾。
けれどもせめて今だけ……と背中に腕をまわしてしまいます。
ッて、さっき自分でそろそろ唯が着そうだと確認したじゃないですか(泣)どうするんだ、唯がいつもの調子で西野もつれてきちゃったりしたら。

以下、次号。
女同士の修羅場になったらどうしよう(泣)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。