漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
中野香織「服を巡るゴシップ」
3/10の日経「モードの方程式」より。

イギリスのチャールズ皇太子が20年前、自らの注目服として老舗のテイラーではなくサヴィル・ロウではは新参者の「アンダーソン&シェパード」を選び、今また「ターンブル・アッサー」で注文服の半分以下である既製服を買うようになったというたわいないゴシップを面白おかしく紹介しています。

……いや、確かに服装は個人の自由だけれど、スーツが看板のようなイギリス紳士の国で国の代表が既製服ってなんだか寂しいというかわびしいというか、そんな気持ちがします。
国の産業の一つだから、推奨するかと思いきや。


「ゴシップ(gossip)とは、元来神(God)のもとの親族(sib)こと名付け親(Godsibb)が重要な役割を置いた洗礼式において、出席者の間で交わされた噂話の事である。
他愛無い話を分かち合う事で親族の絆を深める手段が元祖ゴシップだった。」
なんて薀蓄で占める辺り、面白い記事を書かれる方だなぁと思いました。気の抜けた感じ、まさにゴシップ。

ちなみに
ちょっと注文服に思い入れをするようになり、こんな記事に注目するようになったのも「王様の仕立て屋」という漫画のためです。流されやすい私です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。