漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大河原遁「王様の仕立て屋」
はっきり言って薀蓄漫画です。
主題が日本では殆ど縁がないであろう「注文服」の世界だから、とても新鮮でわくわくします。

主役はイタリア・ナポリの泥棒市の片隅に済む日本人織部悠。
彼はかつてナポリ中の「究めし職人(サルト・フィニート)」から「ミケランジェロ」と賞された伝説の仕立て屋が唯一認めた弟子である……。

なんとも魅力的なこの設定。凄腕のこの男の実態が、飄々とした普通のお兄さんだからまた不思議。ナポリのマフィアから政界のドンまで頼まれる仕事は千差万別、ただ彼の職人としてのプライドは一歩も劣らず時には痛快に感じます。……こんなことをおおきく紹介してしまいましたが、ストーリー大半は無論コメディです、念のため。

一着数百万が当然の「注文服」の世界。……最初は法外にも思えるのですが、生地の選別からその注文服が要求するシチュエーションに対するデザイン、そして何度も何度も身体にあわせての縫合……一着にかける時間と情熱と技術、確かに値段だけはあります。
その代わり、「注文服」は大事に扱えば本当に長年着る事ができるのです。むしろそれを見込んでの品物。また自らの体のラインと生活の動きに合わせて創られているからこそ、着心地の良さは比べ物にならないのでしょう。
伝統技術って、あこがれますvvただ、日本の伝統技術同様、後継者不足と市場の不足は悩みの種のようで。
ちなみにテーマとなるのは服だけではなく、靴やベルトなど「注文」のものはいろいろ。御勉強になります。



ついでに9巻の感想をば。
冒頭には「女心をゲットするコーディネイト」
……掲載紙。スーパージャンプですから。
女性の華を引き立てる「背景」になれって、これ基本ですよね。

最初の作品は「禿げがアピールするファッション」は「潔さ」
……なるほど渡辺謙のようで。格好いい。
あはははー、落ちの社長達に納得です~。

次の作品は「礼儀を外さずしかも快適なクールビズ」
タイムリー……v
日本ではネクタイがあろうがなかろうが涼しさに対して変わりはなく、見た目の問題というのはそうかも。
快適さならば生地で、見た目は色と形で。西陣織のネクタイってなんだか素適。

「柔道家の実践向きのスーツ」。
ナポリの技術は平面ではなく「立体」。を生かしての肘の縫合。

ナポリのジラソーレ社のカジュアル服部門社長サンドラの勝負。
「ディスプレイサンプル用の型紙」からの注文に答えてあがったのは総革のスーツ。
これはペッツォーリ先生の薀蓄が面白いかなぁと一つだけ。「客」の立体があって為せる技の注文服、型紙注文に対してどんな立体でも対応できるようにとの革素材。

最後は自称ユウのライバル・ラウラちゃんの御仕事。
粋人として有名なベリーニ伯を認めさせる一着。珍しくユウの助言なしでやり遂げました。おめでとう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本でおおきく不思議とか市場をサルトすればよかった?


2006/03/12(日) 18:05:20 | URL | BlogPetのかがり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。